中京大学の教員による講義動画

ケータイ・スマホはどうやって開発される?

高校1年生 分かりやすくて、難しいことも理解できました。
高校1年生 ケータイやスマホのしくみがわかったのでよかったです。とてもおもしろかったです。
高校2年生 大量のトランジスタを組みこむ技術は凄いと思った。CADを使えるようになりたい。
高校1年生 わかりやすく、興味がわくような講義をありがとうございました。
高校2年生 あんなにも細かい作業をしている日本人はすごいと思った。
高校1年生 ありがとうございました。さらに興味がでてきました。
高校1年生 電子基板についてよく知ることができてとても楽しかった。
高校3年生 話はすこし難しかったけど、身近なことだったから、いろんなことがわかってたのしかった。
高校2年生 ケータイか機械の内部のことがとてもよく分かりました。
高校2年生 VLSIやFPGAギードなど、さまざまな写真がのっていて、非常にわかりやすかったです。
高校1年生 思ったよりも詳しい内容で、貴重な体験でした。
高校2年生 開発設計についてもっと知りたいと思った。
高校1年生 ケータイ、スマホの構造には興味があったので、知れて良かったです。構造が、想像してたよりもとても細かく、驚きました。
高校1年生 大学生が、機械をつくれると知って、ビックリしました。
高校2年生 電気屋の夢から教授へと転身する決意がすばらしいと思った。
高校2年生 ケータイ・スマホの作り方が少しだけだったが分かった。大学生がたくさんの機械を作っていてすごいと思った。
高校2年生 ソフトウェアとハードウェアの違いがりかいできた。
高校1年生 トランジスタというものがあんなに入っていて、あんなに小さいと知り驚いた。
高校1年生 スマホのつくりとかがすこし分かりました。CPUがあんなに細かいということにおどろきました。
高校3年生 工学に関する知識が深まりました。ありがとうございました。
高校2年生 電子回路にはあまり関心がなかったが、講義を受けて興味を持った。
高校1年生 自分たちの使っている機械の中身についてよくわかった。
高校2年生 とてもわかりやすい授業でした。前から少しかんしんを持っていたがさらにかんしんが強まりました。
高校2年生 モノづくりはどんどん発展してどんどん小さくなっていくのですごいと思ったし、人に教えたり自分でつくったり楽しそうだと思った。
高校1年生 ハードとソフトの両立が、これからの家電とかの開発で大事だと分かった。
高校1年生 大学で取り組んでいることを交じえての説明でとても分かりやすかったです。興味がわきました。
高校1年生 とてもおもしろく自分の関心のある分野だったのでとてもためになった。
高校1年生 スマホを作るにあたって、多くの部品が組み合わさっているとわかった。
高校2年生 どんな風に作るのかわかっておもしろかったです。
高校2年生 スマホなどのものはソフトウェアとハードウェアが揃わなければ意味がないことが分かった。
高校2年生 ケータイやスマホがどうやって作られているのか知ることができた。
高校1年生 パソコン等に興味があったので、とてもおもしろかったです。
高校2年生 電化製品の開発のされ方、ハードとソフト2つがあって初めて成り立つことが分かりました。
高校2年生 とても詳しくわかりました。今、1番行きたいと思っている学科だったので、とてもさんこうになりました。
高校2年生 ソフトウェアの使い方などを学んでみたいと思いました。
高校1年生 ケータイなどをつくるには、ハードウェアとソフトウェアの両方を使えないといけないのでたいへんだと思った。
高校2年生 進みたい学部だったのでくわしいことがきけてためになった。
高校2年生 ケータイを普段、何気なく使っていてましたが、どうやって作られているのかを知って大切にしようと思いました!
高校2年生 今回の講義では、CPUなど(VUI)トランジスターなど、今、自分にとても興味があるものについて知る事ができたので、とてもたのしかった。
高校2年生 ケータイやスマホの中身があんなに複雑になっていたことに驚いた。半導体を作るのは大変だと思った。
高校1年生 生活の一部になっているスマホのできかたを知って理解が深まった。
高校2年生 携帯電話のできるまでがとてもよくわかりました。また、中京大学がどんなことをしているのかもわかりました。
高校3年生 貴重な話を聞くことができ理解を深めることができました。
高校2年生 普段から使っている電化製品に少し興味がわいてきました。
高校1年生 将来にいかしたい。
高校1年生 ケータイなどがどのようにつくられているのか知ることができてよかったです。
高校1年生 工学系だけでなくソフト面での情報系にも興味が持てました。
高校2年生 電気のことをまなんでそういうことはあんまりきょうみなかったけど少しきょうみをもった!
高校2年生 機械の中がどんな感じになっているのかを教えてもらって、興味がわいてきた。
高校2年生 ていねいに教えていただけたのでよく分かった。
高校2年生 電子、電気に対する理解がふかまった。
高校2年生 すごくわかりやすく説明があってわかりやすかった。
高校2年生 とてもおもしろかった。知識がない私でも楽しめるような内容だったのはとてもよかったと思います。
高校2年生 普段見ることのない機械に内部をもっと見てみたいと思いました。
高校1年生 少し難しい内容もありましたが、説明が分かりやすくて良かったです。製品の開発は、進化し、ハードとソフトの両方が必要になっていると分かりました。大学で、製品のもとになるようなものをつくっていると聞いて驚きました。
高校2年生 機械の中身がどうなっているのかわかりました。今日は、ありがとうございます。
高校1年生 身近なスマホのしくみを知ることができた。
高校1年生 ふだん使っているので最初からすごく興味がわき知らないことがいっぱいあっておもしろかったです。
高校1年生 今となっては当たり前の、パソコンやケータイも画期的なものだったと感じました。将来、画期的な何かを作ってみたいと思いました。
高校2年生 ケータイの中はほぼトランジスタが働いているということが分かった。
高校3年生 めざしている学部に対してのイメージがより固まり、もっと知りたいと思いました。
高校2年生 スマートフォンの構造がよく分かった。
高校1年生 ケータイゲームは仕組みがすごく難しいと思っていたが、大学生でも作ることができるときいておどろいた。
高校2年生 内部のことがよく分かりますます関心をもった。
高校1年生 機械の中はどうなっているんだろう…と疑問に思っていました。今日は、実際に中を見ることができてよかったです。
高校1年生 CPUなど興味深い話でよかったです。
高校3年生 色々な機械の中身が見れてよかった。
高校2年生 今後大切になる講座ありがとうございました。自分の将来に対してすばらしい経験となりました。
高校1年生 電子機器の仕組みはとても面白いと感じました。
高校1年生 普段使っている電気製品の仕組みがよくわかって、おもしろかった。自分でも、分解してみたい。
高校1年生 学生なのに、売ってあるようなもの、ゲームを作ってることを知っておどろいた!発想とかでゲームが色々つくれておもしろそうと思った。
高校1年生 ものづくりやってみたいと思いました。
高校1年生 日本の技術力はすごいと思いました。
高校2年生 ゲームの話などをしてもらい楽しかったのですが内容は少し難しかったですが興味を持つことは出来ました。
高校1年生 機械を作ることに更に興味がわいてきました。直接お話しもできてよかったです。
高校1年生 ハードウェアとソフトウェアについてよくしれました!興味が高まりました!!
高校2年生 日常生活で見かけるスマートフォンなどのエレクトロニクス製品の仕組がよくわかりました。
高校1年生 ぼくは普段から、電子工作などをしていたのでとても理解することができました。
高校1年生 少し難しかったけどおもしろかった。
高校2年生 身近なものにあるいろいろな家電のほとんどにCPUというものがあり、それを知れてとてもよかった。
高校2年生 実際に回路をいじってゲームなどを作ってみたいと思った。最後のフォトスタンドの画像が気になりました。
高校1年生 ・スマホ・けいたいの仕組みがよくわかり、自分でいろんなソフトウェアを作ることができるのはすごいきょうみがわきました。
高校1年生 身近で使っているケータイやゲーム機に使われている半導体に、目に見えない多くの回路があることがわかり、とても複雑だなと感じました。
高校3年生 ハードウェアとソフトウェアは非常に深い関わりをもっといることがわかり、興味がわきました。
高校1年生 前までは全く知りませんでしたが、今回の議義でいろいろな事を知れました。とてもよかったです。
高校1年生 実物を使った説明で、とてもわかりやすく、興味をひかれました。
高校2年生 スマートフォンというのは、とても高度な技術が使わっているのだと思った。
高校1年生 実物をみせてもらえて、とてもおもしろかったです。
高校2年生 ケータイ、スマホを分解することはないので、仕組みが分かっておもしろかった。
高校1年生 初めは難しそうだと思ったけど、意外に面白くて、良かった。
高校1年生 工学についての知識は全くなかったけど楽しめました。機会があれば半田もやってみたいです。
高校1年生 スマホは身近なものなのでとても関心があった。けれどせんもん的な話だったので若干理解するのが大変だった。
高校1年生 身近で使っている電気製品にはとてもやくだつ部品が入っていることがわかりました。
高校2年生 自分がハードかソフトかどちらの方面を望むか(ソフト)がよく分かりました。フォトスタンドの画像が非常に気になりますが(笑)。
高校1年生 電子機器のしくみについてはずっとぎもんだったのでとても楽しく聞けました。
高校1年生 とても分かりやすかったです。中々見れない回路を見せていただきありがとうございました。
高校1年生 生徒さんが作ったゲームがすごいなと思いました。私もそんなものを作りたいです。
高校2年生 実際の研究成果が見れてなかなかよかった。
高校1年生 学生が使ったものがおもしろかったです。
高校2年生 難しかったけど機械の中がどうなっているのか分かりました。ありがとうございました。
高校2年生 とても興味がひかれる内容だった。
高校2年生 自分も早くスマホにしたくなりました。自分で将来パソコンなどの機械を作れるようになりたいです。
高校1年生 自分でゲームや、カメラなどつくれることにすごく面白そうだなと思いました。
高校1年生 学生さんが作ったゲームを見て関心がたかまりました。
いろんな物を作りたいと思った。
わかりにくいワードをくわしく説明していただきわかりやすかった。
機械への理解が深まった。
工学的な事にもっと興味がわきました。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 工学

中京大学
工学部 電気電子工学科
教授 磯 直行 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

私の研究室では、携帯電話やパソコンのハードウェアを開発しています。例えば、携帯電話の中身を見てみると、緑色の板でできたLSIやICといった集積回路があり、製品の心臓部となっています。これらは、ゲーム機をはじめ、さまざまな電化製品にも入っています。こういった製品の重要な部分を一緒に研究し、つくってみませんか? そのためには、高校生のうちから、物理や数学といった科目を一生懸命に勉強してほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

小学校2年生のときに初めてハンダごてを持ってラジオを作って以来、電気製品はすぐに分解して中の回路を見てはニヤニヤしていました。中学・高校は電気・電子回路を中心としたモノ作りに熱中し、将来は街の電気屋さんになろうと思っていました。大学は、電子工学科に入学し、多くの電子回路に出会いました。しかし、電子回路の設計には、ソフトウェアを使いこなす技術も必要だとわかり、博士課程では情報工学の道を選びました。そして、ハードとソフトを使いこなし、複雑な機能を実現する大規模集積回路の設計ができるようになりました。