根本的な治療に向けて研究が進む糖尿病

高校2年生 新しい治療法は、昔のものよりとても負担が少ないのがよく分かりました。さらに負担の少ない治療法の確立に興味をもちました。
高校1年生 医学にたいしての関心がたかまった。
高校1年生 図もとても分かりやすくもっともっと興味をもてました。
高校1年生 糖尿病の治療、さらに発展してほしい。
高校2年生 糖尿病のメカニズムについてよく分からなかったので雉もっと勉強して大学に進みたいです。
高校1年生 糖尿病やインスリン、膵β細胞などむずかしかったけれど、とても勉強になりました。もっと知りたいです!!
高校2年生 糖尿病は太った人がかかるものだと思っていたけど、遺伝からくるものも多いということに驚きました。
高校1年生 自分の家族も気をつけていきたいと思った。
高校1年生 専門的なことばがたくさんあって難しかった。糖尿病について学ぶことができた。
高校2年生 糖尿病には遺伝子も関わっていることを知り新たな発見でした。
高校1年生 根本的な治療に向けて研究がすすんでいて良いと思った。
高校2年生 Ⅰ型糖尿病はやせている人に多いと知って驚きました。血糖値を下げるホルモンはインスリンだけだと分かりました。
高校1年生 糖尿病の怖さや、原因などがよくわかりました。知らなかったことが多く、受講して良かったと思いました。
高校1年生 糖尿病についての身近な例とともに、どんなに恐しいのか理解することができました。
高校1年生 糖尿病の原因は多々あることがわかりました。遺伝性であるときいたので、子孫に影響しないよう、生活に気を配りたいです。ありがとうございました。
高校1年生 糖尿病の細かい所まで、くわしく学ぶことができた。
高校1年生 ・グラフ等ととてもわかりやすくて、よく理解できました。
高校2年生 薬の開発を自分の手でもやってみたいと思った。
高校2年生 おもしろかったです。より学びたいと思う意欲が深まりました。ありがとうございました。
高校2年生 糖尿病はいろんな人がなるんだと思いました。あと、ケガをちゃんと治さないとすごいことになるので気をつけたいです。
高校2年生 図をたくさん使って説明していただいたので、とても分かりやすかったです。
高校2年生 糖尿病についてのしくみを分かりやすく教えてもらってよかった。
高校2年生 糖尿病による足の病気がとても怖かったです。私も糖尿病に気をつけようと思いました。
高校2年生 細い人でも糖尿病になることを知らなかったので知れてよかったです。
高校2年生 糖尿病への関心が高まった。
高校2年生 糖尿病がどれほど大変な病気であるかがわかってよかったです。
高校2年生 薬学について少し興味がわいたのでよかったです。
高校1年生 糖尿病予備軍の一人として、糖尿病の治療に光が見えてきているということがわかりました。この先生のような職につきたいです。
高校1年生 ふだんは聞かないはなしをくわしく知ることができました。
高校1年生 糖尿病について理解を深めることができ、よく分かったのでよかったです。
高校2年生 インスリンの他にも薬が開発されていてびっくりした。興味がもてた。
高校3年生 糖尿病を理解するのは難しいと感じた。でも、とても学びがいのある分野だと感じた。ありがとうございました。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 薬学

岩手医科大学
薬学部 臨床医化学講座
教授 那谷 耕司 先生

メッセージ

私は医学部出身で、医師免許を持っていますが、現在薬学部の教授をしています。これまで薬学のことは詳しくなかったのですが、薬学部に入ってみると、とても広い分野がありました。物理系、化学系、生物系、医療系などさまざまありますから、理系で進路を迷っている人は、薬学部に入ってから方向を決めるのもいいと思います。大学時代は、ラグビー部と、軽音楽部でドラムをやっていました。学生時代は勉強にマイナスかもしれませんが、今になると、当時の仲間の大切さがわかってきます。仲間をいっぱい増やしてください。

先生の学問へのきっかけ

私は医学部の卒業ですが、生化学研究室の教授が同じ出身高校だったので、よく生化学の研究室に出入りしていました。それが縁で、大学卒業後も大学院の生化学の研究室で研究を始めることになりました。はじめ「糖尿病の研究」というよりは、膵β(すいべーた)細胞を研究の対象にしていました。膵β細胞はインスリンを産生することだけに特化した細胞で、細胞の機能を研究する上で有利な点が多いのです。そこからインスリンの分泌不全や作用不全が原因となって発症する糖尿病の研究へと進んでいきました。