名桜大学の教員による講義動画

総合政策としての観光政策 沖縄の事例から

高校1年生 地域を大切にしていくという姿勢に心奪われました。先生の熱意のもとで学習したいと思いました。
高校1年生 好きな沖縄について知ることができたのでよかったです。ありがとうございました。
高校2年生 沖縄の観光の話は興味深かったです。自分の進路の参考になるだけでなく、観光地にいったときのみる目が変わりました。もっと観光を様々な側面から調べたいです。
高校1年生 楽しかったです。
高校2年生 観光のことがよく分かりました。
高校1年生 観光政策という問題にあまり目を向けたことがなく、現地に住まれている先生の講義を聞いて、実際には様々な問題があることを知りました。他の政策も大事な政策ではありますが、もっと国全体で観光政策について目を向けられればいいなと思いました。
高校1年生 観光学についてより興味が湧きました。
高校1年生 観光のことについてあまり知らなかったので今日話を聞いたらただ観光客の人を喜ばせるだけでは無いことを知りました。
高校1年生 観光客がただ楽しいだけでは観光業が成功したとは言えず、その地域に住んでる人が納得することが重要だと分かりました。
高校1年生 ありがとうございました。
高校2年生 観光政策は、観光客のことを考えるだけではなく、観光地に移住している人々のことも含めて、政策するとことが必要だということが分かりました。
高校2年生 観光客と、その土地に住む人々のどちらもが幸せになるためには、どういう政策が必要か考えるのは、とても難しいことだなと思いました。
高校1年生 わかりやすかったです。どういう国に観光をいかすか分かりました。
高校1年生 観光学が新鮮なひびきだったのでとってみたのですが、とても面白かったです。観迎している人もいるし、していない(嫌がる?)人もいるんですね…。とても興味がわきました。
高校2年生 観光を客目線だけでなく受け入れる側の地域の目線の2面から考え、より100%良いものにしてゆく観光政策という学問を学んでみたくなりました。
高校1年生 東京で生まれ育ったのに他の県の観光の良さを研究するというのは凄いと思いました。観光事業についてたくさん知ることができました。
高校1年生 観光するニーズと受け入れる側のサービスの関係は難しいと感じました。デメリットになることもあるからこそ、最大限利益が出るように工夫するホスト側が印象的でした。
高校2年生 楽しかったです。
高校1年生 観光の真の目的から少しはなれてしまう、観光の難しさについて分かりました。
高校1年生 かんこうにきょうみがあったのでとてもたのしかった!!もっとかんこうにきょうみがわいた。
高校2年生 今沖縄がどのような状況であるのかがわかった。この政策はとても大切だと思う。
高校2年生 観光客は住民とは違う感じ方を持って観光地を楽しんでいて、住民は観光客の考えを聞き分けることも大切だと思いました。
高校1年生 自分の身近にある観光について、すこし深く学ぶことができ、難しいなと感じ、受け入れる住民などの利益になる観光は難しいなと思いました。
高校2年生 観光地では観光客のことだけでなく、現地に住む人のこともよく考える必要があることを知り、よい勉強になりました。
高校1年生 観光学というものを知り、とても興味が湧きました。
高校2年生 観光というのは単なる旅行者や、名所などに行くことなどと思っていましたが、色々なものが交ざり合って成り立っていることが分かりましました。
高校1年生 観光とは「楽しみ」であり、楽しくなければ観光ではないという話をきいてたしかにそうだと思った。観光客を増やすだけの政策はどうなんだろうと考えさせられた。
高校1年生 色々な地域や国から観光客を多く受け入れるための整備や産業の整備などがとても大切だということが分かった。
高校1年生 観光客と地元民のバランスが大切だと分かりました。たしかに、沖縄に行ったとき全ての人が観光客に好印象というわけではなさそうでした。
高校2年生 沖縄に移住するというのはとても思い切ったことだと思います。ありがとうございました。
高校2年生 観光地には良いことばかりではなく、住民の不満もつきものだということがわかりました。そして観光客はきれいな景色や建物ではなく、その土地らしさを求めているというのがよくわかりました。
高校1年生 観光に関する授業とても楽しかったです!ちょっと興味がわきました。
高校1年生 特に最後の「観光公害」という言葉が印象に残った。観光を考えると自分が行くことや楽しむことしか考えてこなかったけど、客を迎える地元の人店の人また環境についても考えるきっかけになった。
高校2年生 観光客が求めているものと、住民にとって必要なものは必ずしも一致するわけではないと知り、私が今住んでいる町のあり方についても考えさせられました。素晴らしい講義をありがとうございました。
高校2年生 とてもためになりました。
高校1年生 わかりやすかったです。
高校2年生 自分は観光について大学で学びたいと思っているので、とても参考になりました。ただお客を呼べばいいだけじゃダメだとわかりました。
高校2年生 観光には経済効果が関係しているということが分かりました。
高校1年生 観光を学問として考えたことはなかったので、様々なことに関する学問があるのだなあと思いました。
高校2年生 現在の沖縄でも、すごくいい場所とは思いますが、今回の講義を受けた事で、もっとよりよい事が分かりました。
高校1年生 今回の話を聴いて、より観光学に対する興味が大きくなりました。楽しい講義ありがとうございました。
高校3年生 観光客に対しての沖縄の人の反応にびっくりしました。沖縄県が利便性の方をとってしまったのが残念でした。
高校2年生 観光産業とか考えたことがなかったけど、おもしろそうだなと思った。
高校1年生 新しい見方ができるようになった。
高校1年生 観光地としての政策には、住民と観光客の満足感を同時に向上させるものが望しいときき、難しいがその通りだと思った。
高校2年生 観光はいいことばかりでないと思った。
高校2年生 沖縄の事例から観光政策についてくわしく講義をしていただき観光政策への関心が高まりました。沖縄に何度も旅行に行ったことはあるけど住民視点の考えも知れてよかったです。
高校2年生 沖縄に観光に行く人、訪問される側の両方を考えなければならないことに気づくことができ、より観光への興味が深まりました。ありがとうございました。
高校1年生 先生と好きなことが同じように感じました。沖縄に鉄道があったことは知りませんでした。おもしろかったです。
高校2年生 観光客と地域の関係について考えさせられました。ありがとうございました。
高校1年生 沖縄のくわしい事例から、様々なことを学べて良かったです。
高校2年生 観光と旅行の違いなど新たなことを知ることもできましたし、沖縄のかかえる問題も学ぶことができましたとてもわかりやすかったです。
高校2年生 地域における望ましい観光政策や旅行と観光の違いを理解することが出来ました。
高校2年生 とても分かりやすく楽しかった沖縄が大好きです。
高校2年生 観光を考えるには現地の人と観光する人のどちらの気持ちも考えなくてはいけないため大変ということがわかった。
高校1年生 修学旅行で沖縄に興味を持ったこと聞いておどろいた。観光に関心が高まった。
高校2年生 観光政策は、観光客だけではなく、住人のことを考えなくてはいけないと分かりました。
高校2年生 観光政策についてとても興味を持ちました。
高校1年生 沖縄における観光のあり方について深まりました。
高校2年生 観光学についての興味がよりいっそう湧きました!
高校2年生 もともと見たいと思っていたので見れてよかったです。総合政策について分からなかったことを知れました。
高校2年生 楽しくきけました。
高校2年生 今日の講義は、正直興味を持ってはいなかったが、聞いてみると、面白い内容だった。
高校2年生 沖縄すごいと思った。
高校2年生 政策はやはり大変でさまざまな工夫が大事なんだとわかった。
高校2年生 両者のことを考えて経営することがよくわかりました。
高校2年生 観光政策に伴うメリット(利益)やデメリット(問題点)は、他者からの主に地域住民の評価によって決定しまう政策ははたして良いものと言えるのかわかりません。
高校2年生 沖縄のさまざまな観光対策を学べ、面白かった。11月の修学旅行にも活かせそう。
高校2年生 ちょうど沖縄へ修学旅行へ行ったタイミングだった上に、観光にも興味があったので、関心を持って講義を聞くことができました。私も私の地元、川越のことについてもっと知っていきたいです。
高校2年生 沖縄県民と客とのバランスを考えるのはむずかしかった。
高校2年生 沖縄に行くのがより楽しみになりました。
高校2年生 沖縄の観光と政策は、普段ふれることがなかったので興味深かったです。
高校2年生 観光を受け入れる側の存在は、観光客を受け入れるホストで、家族旅行をターゲットにしたツアーだと知りました。
高校1年生 一から順序よく話が展開されたため、このテーマについてくわしくなくともわかりやすい内容だった。
高校2年生 観光についての話が聞けて良かったです。
高校1年生 沖縄の観光の現状がわかり住民と観光客どちらとも「利」になる政策とは何かという新たな疑問をみつけることができ、よかった。
高校2年生 日本の事例で、とても興味がわきました。
高校2年生 観光と、旅行の違いがよく分かり、ホスト側の意向も大事なんだと理解しました。
高校2年生 まちづくりのすごさを知った。
高校2年生 沖縄はいいところ再確認できた。
高校1年生 自分は地方創生プロジェクトに参加させていただいていて、中でも観光や商工業の活化について日々仲間達と考えています。今回の講義の内容をさっそく仲間と共有したいと思います。ありがとうございました。
高校2年生 観光と政策は離れたもので政策は深いものなんだと知った。
高校2年生 「観光」というものに対して新たな考え方を知りました。その地域社会にとって観光が大切なことがわかりました。
高校2年生 時間があったらもっとくわしく聞きたかったです。
高校2年生 今年の10月に修学旅行で沖縄に行くので、映像に出てきた場所も行ってみようかな。と思った。
高校2年生 「研究」についての考え方が少し変わりました。自分も楽しく研究できるものを探していきたいです。
高校1年生 沖縄の観光についてよくわかりました。
高校2年生 とてもわかりやすい内容だった(説明も分かりやすい)。
高校2年生 観光政策というものに興味がわきました。
高校2年生 観光地として、地元の人が考えていること、鉄道のある沖縄はきっとお金も得ることができると思った。(ハワイを越してない面があると分かった)
高校2年生 観光政策について学びが深まった。
高校1年生 私は沖縄に2回行ったことがあります。その時エイサーをみましたが、それはお盆のものであるとは知りませんでした。私達観光客は文化を変えているのだと気づきました。
高校2年生 観光と政策を組み合わせることがいかに難しいことか分かりました。
高校2年生 観光+政策は、その土地の居住者や税収入も考えてやるべきであることはとても大変だと思いました。
高校2年生 観光を違う観点から見るのも面白いと思った。住民と観光客のどちらも満足させるのは難しいことだとも分かった。物事を多角点からも見ようと思った。
高校1年生 講義がおわった後も1対1で話をきいて頂きありがとうございました。とても分かりやすい話だったのでとても興味をもちました。
高校1年生 将来、自分の力で地元を盛り上げたいという夢があって参加しました。住民と地域が一体化した取り組みをしたいと考えてします。勉強になりました。
高校1年生 観光には、負と正があって、どちらも正になるには難しいということが分かりました。
高校1年生 何事にもバランスは必要だということがよくわかりました。沖縄の観光事業発展の背景に負の効果が生まれていることをもっと周囲に広めないといけないと思いました。
高校1年生 観光には観光と旅行の2つがあり、結果的にプラスかマイナスかを考えなければいけないことがわかった。
高校1年生 とてもおもしろかった!!もっと、自分も学んで観光のことについて大学で勉強してみたいと思った!特に地域創生学科などに入ってみたいと思った。
高校1年生 観光を大学で学べるということをはじめて知りました。私は観光に元々興味があったのでとてもタメになりました!ありがとうございました。
高校2年生 沖縄には行ったことがないけど沖縄の人がかかえている課題や政策の内容についてよくわかりました。観光政策の分野に興味が湧きました。
高校2年生 話し方が堅くなくて退屈することなく聞けました。観光客を受け入れる側のことは考えたことがなかったので勉強になりました。
高校2年生 「観光」というものを科学している人がいるというのを今まで知らずに驚きました。ホストもゲストも過ごしやすい観光地を考えるきっかけになりました。
高校2年生 観光は、ただ楽しいだけでなく、さまざまな目的があるんだということが、わかりました。
高校2年生 一度沖縄に行ったことがあるが、もう一度行きたいなと関心を持った。
高校2年生 旅行と観光についての違いを知れた。
高校2年生 沖縄の事例などがわかりやすくて、とてもおもしろかったです。ありがとうございました。
高校1年生 自分自身よく分からない観光について教えてもらってとても理解が深まりました。
高校2年生 沖縄の観光の現状がとてもよくわかった。いい点だけでなく問題点もたくさんあるということがわかった。
高校2年生 沖縄のことについて少しでもしれてよかった。
高校1年生 私はこの講義をいちばん楽しみにしていたので、とてもためになりました。
高校1年生 沖縄などの観光各地の観光問題は、地域創生とかと関係があって良かったです。
高校2年生 沖縄の昔と今が知れて勉強になりました。
高校2年生 地元の人と私たちのような観光客との感じ方や考え方の違いや共に良いと思うものをさがすのが大変だと思った。
高校1年生 観光は利用客だけではなくそこに住む人々の声にもしかっりかむけないということが分かった。
高校2年生 「観光科学」というものがどのようなものかを知ることができた。住民への、客への効果とそれにより生まれる効果の+、-をみることが大切。
高校1年生 海外についての観光政策も学びたい。
高校1年生 将来観光についての仕事につきたいので勉強になった。
高校2年生 沖縄の今かかえている課題について分かった。
高校1年生 観光客と住民の両方に利益のある政策でないと、観光による収益は増えないとわかりました。
高校1年生 観光だけでは、成り立たないということがよく分かった。天然がいいのか人工がいいのかをしっかりと見極める必要がある。
高校2年生 観光政策の失敗や問題等、大変分かりやすかったです。
高校1年生 講義を受ける前までは、観光というもののシステムをよく分かっていなかったのですが、今回の講義でよく理解出来ました。
高校2年生 観光と旅行はまったく違うことを聞いて驚いた。ゲスト側にもホスト側にも観光の理由があることが分かった。
高校1年生 観光客のための観光政策ではなく、現地住民のための政策だということを初めて知りました。
高校1年生 「受け入れる側のメリット」という視点がとても新鮮だった。
高校1年生 地域住民のためにやって、観光客に損だったり、観光客のためにやって、地域住民や観光客にも損である事もあるので多角的な視点を持って考えるのが大事だと思った。
高校1年生 沖縄における観光事業について、ホストとゲストのバランスが大切だと分かりました。
高校2年生 政策と観光は政策の中の観光だと思ったが、観光の中の政策に感じた。
高校2年生 地域住民の満足度を上げることを目標とする観光政策について分かりました。
高校1年生 普段見かけないユニークな視点で非常に面白かったです。どうもありがとうございました。
高校2年生 観光で地域活性化をすることは、ゲストとホスト互いに平等になることが大切だと知ることができました。
高校2年生 自分のあまり興味の分野だったけれど、話を聞いてこういうことも学んでみたら楽しそうだと思った。
高校1年生 観光という分野があるとは知らなかったし、沖縄はきれいそうで興味がわきました。
高校2年生 沖縄に住むと違う見方で沖縄を見れることが分かった。私は小学生のとき、夏休みに沖縄に行ったことがあるためなつかしくなった。
高校1年生 観光学について何も知らなかったけど、今回の講義をうけておもしろいと思い興味をもった。
高校1年生 沖縄のことを例にしてわかりやすくおそわった。
高校1年生 沖縄は行ったことがないので今度観光としていきたいです。
高校1年生 色々な角度から物事を見ることが大切だと感じました。
高校1年生 観光地の課題をどう解決していくか…とても深いものを感じました。
高校2年生 今年、修学旅行で沖縄に行ったので、興味があったので受けさせていただきました。とても関心が高まりました。
高校2年生 観光客が目的をもっているのに対して、ホストも目的をもっていることがわかりました。ありがとうございました。
高校2年生 税金で作った空港が失敗だったことが印象に残りました。
高校2年生 観光地の住民のことについての話で興味深かった。
高校2年生 観光するときの、ホスト側の満足度も考えなければいけないことが分かった。
高校1年生 実際に沖縄の問題を提示しながら説明してくださったので、とてもわかりやすかったです。
高校3年生 政策の大切さや観光客と住民の満足度のバランスが重要だと改めて分かった。
高校2年生 「良い」と判断しても「悪い」方向へ転がる可態性があることを、改めて考えて知り、本当に多角的な視点は、必要不可決だと思ったので身に付けたいです。
高校1年生 観光政策とはどんなことを学び考えるのかを知ることができました。物事をいろいろな方向から考えることの大切さを知れて良かったです。
高校2年生 よくわかりました。前より関心が高まった。
高校1年生 沖縄の観光業について考えていく上で、住民の意見や 考えを反映させていくことが今後必要になってくるの だとわかりました。 講義後の質問にも優しく、また詳しく答えて下さり 沖縄の観光業への関心がさらにさらに高まりました。 先生の講義のお陰で今日1日とても楽しく有意義に 過ごせたように思います。 本当にありがとうございました。
高校2年生 観光と旅行の違い、観光業に興味のある私にとっては、とてもいい機会になりました。地方をどう売り出していくか、ますます観光への興味と関心が高まりました。
高校3年生 自分のことと重ねあわせて政策や観光について講義されていたので分かりやすかったです。
高校1年生 観光客としての視点だけでなく地域住民の方とのかかわりも大切だと知りました。
高校1年生 政策と観光の関係性が良くわかった。政策によって観光地がどのようになっていくかが大切だと思いました。
高校1年生 今日まで知らなかった観光産業の学問の奥深さと政策科学の面白さを学ばせていただきました。色々な要因が合わさったりしていてとても楽しかったです。
高校1年生 観光する側と現地の人々側の調和が大切である。
高校1年生 沖縄に行ったことがないが興味がでました。
高校1年生 観光を学ぶにも種類があると知り、もう少し知りたいと思いました。
高校2年生 分かりやすかったです。
高校2年生 分かりやすい説明ありがとうございました。
高校2年生 観光に対しての政策において、観光客と住民がwin.winの関係にならなければ意味がないと分かりました。
高校1年生 私はツーリズムゼミに入っていて観光に興味があるので楽しかったです。具体的な例があったので参こうになったし、わかりやすかったと思います。
高校2年生 観光学に興味があったので講義を聴きに行きました。 今日お話を聞いて、とても納得できることがありました。 例えば高速道路や防波堤など地域住民には大いに役立ったとしても観光客からしたら景観を損ねるだけとしか思わなくて結果的に観光客の減少によって町にはマイナスの効果がでてしまうことです。 お互いのバランスをとることは難しいだろうけどそれができないと良い観光地にはならないのだと思いました。
高校2年生 少し難しかった。
高校2年生 観光政策についてよくわかりました。スライドにもうちょっと写真があると良かったなと思いました。資料もあると良かったです。
高校1年生 自分も先生と同じような状況で、鉄道好きならではの旅好きですが、観光での目的は色々あると改めて知りました。
高校2年生 横浜高校の修学旅行で沖縄に行くので、今日の講義をふまえて、沖縄を見ていきたいです。
高校1年生 沖縄に一度行ったことがあったので、少し親近感がわきました。
高校1年生 沖縄は青い海、空だけでなく、台風による影響や、外国人とのコミュニケーションなど、大変なことがたくさんあると思いました。
高校1年生 観光の土地はその地域に住んでいる住民の意見と観光客の意見の2つを考えなければいけないんだと思った。
高校1年生 私は観光にとても興味があるのでとてもためになりました。また、観光客と住民のバランスがどれだけ大切なのかが分かり、日本もハワイのような対策をした方が良いと感じました。
高校1年生 すごくためになる話でした。より一層観光学に興味を持ちました。
高校2年生 今まで観光について「行く側」だけの視点をとらえていましたが、講義を通して「受け入れる側」の視点を知る良い機会となりました。ありがとうございました。
高校2年生 住民の満足度と観光客の満足度を両方満たすことはとても難しいなと思いました。今度沖縄に行く機会があったらそういう視点でもみてみようかなと思います。
高校2年生 「バランス」が大事だということが分かりました。興味深い内容でした。
高校1年生 要点がわかりやすく、とても納得のできる説明だった。
高校2年生 観光での政策と地域での政策とのバランスをしっかりととっていかなければ、両方にとって良い政策とはならないとわかった。また、ハワイでは、現地の人がそのときの現状を地域が判断しているのに対して、日本では、国の判断によって政策が進められていると知って、国の判断だけではわからない部分の方が多いと思うから、もっと地域の人が積極的に意見が出せるようになるといいなと思った。
高校1年生 観光を行うにあたって、バランスを考えて政策をしなければいけないという話を聞き、改めて観光政策をするという難しさや大変さを学ぶことができた。
高校2年生 興味のある学部だったのでお話を聞くことができてよかったです。先生の今までがどう過ごしてこられたのか実体験したことを聞けてよかったです。
高校1年生 “沖縄”についてとても細かい情報を知っていて、観光を中心に大学や大学院を学んでいた。観光だけでなく総合的な政策をわかっていてすごいなと思った。
高校2年生 私も沖縄に行ったことがあります。観光には少し興味があるので聞けてよかったです。
高校1年生 実際に沖縄に行かないと分からない“観光”とは何かを知ることができました。また、今後、観光を学んでいきたいという思いが、強くなりました。
高校2年生 修学旅行に行った時に是非見たいと思いました。
高校1年生 観光には、色々な種類があるんだなと思いました。
高校2年生 沖縄での観光者の受け入れや、観光のあり方などを知った。自分は沖縄好きなので、より関心を持つことができて、よかった。ありがとうございました。
高校2年生 観光客を優先するのではなく、その地域に住んでいる人の意見を大切にするということが新鮮でした。バランスが大事ということに気づきました。
高校1年生 沖縄以外でも他の観光問題などとても気になった。観光の目的もこれから視点が変わるような気がしました。
高校2年生 私は沖縄の観光について興味があり、大学も沖縄に行けたらいいなと思っていたので、お話が聞けて良かったです。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 政策科学、観光研究、観光政策

名桜大学
国際学群 観光産業専攻
准教授 大谷 健太郎 先生

メッセージ

私は、観光政策が地域に与える影響について研究しています。観光に興味があるあなたには、ぜひ観光が盛んな地域で学ぶことをお勧めします。専門知識を得るだけでなく身近に体験ができ、さらに観光客と住民、双方の目線で問題を考えられるようになるからです。
名桜大学では、国内有数の観光地である沖縄県の地の利を生かし、市町村と連携しながら、観光産業に携わる専門家を育成しています。私のゼミでは、観光客と地域住民を調査するフィールドワークを通して、課題を見抜く力とそれを解決する力を養っています。

先生の学問へのきっかけ

高校の修学旅行で名桜大学を知り、大学案内パンフレットの「リゾート地で観光を学ぶ」という言葉にひかれて入学を決意しました。そして大学で専門的な講義を受けるうちに「観光」と「政策」への興味が深まりました。フィールドワークで地域住民の意識調査を行って理論と現実の関わりを学んだり、ホテルでアルバイトをしたり、もちろんビーチでもしっかり遊び、まさに「リゾート地で観光を学ぶ」ことを実践しました。都市部ではなかなかできない体験を通じて、観光客のひとりとして、住民のひとりとして観光を深く考える視点を養いました。