兵庫医療大学の教員による講義動画

遊びや楽しみがリハビリテーションに!?

高校3年生 頑張って作業療法の道に進みたいですし、兵庫医療で学びたいです。
高校1年生 今まで作業療法師の仕事に興味がなかったけど話をきいてとても興味がわいたし、もっとくわしく知りたいなと思いました。
高校1年生 作業療法師が、どのような人に向いているか、どんなやりがいがあるか、詳しい勉強のスタイルまで教えて頂きありがとうございます。
高校1年生 作業療法師の仕事のイメージとして「辛そう」「大変そう」というイメージが大きかったのですが、今回の講義でそのイメージががらりと変わりました。自分も相手も楽しんでリハビリテーションを行うという姿勢に関心しました。
高校1年生 リハビリのイメージがかわりました。
高校2年生 理学療法士や作業療法士がどんな仕事なのかが分かった。
高校1年生 とても分かりやすくきいていてとてもおもしろかったです。更にお話がききたいなと思いました。
高校2年生 作業療法について良くわかった。少し興味をもった。
高校2年生 リハビリテーションの分野には知能を高めたりする分野もあったことを知り驚きました。
高校2年生 すごく関心がわきました!!!ありがとうございました。
高校2年生 今まで作業療法の分野は考えたことがありませんでしたが、今回の講義を受けて関心ができました。
高校2年生 スライドの冊子もあったりしてわかりやすかったです。
高校2年生 とても興味のある内容で、子どもが言語を発達させる方法を知れて、きっと将来役に立つと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 先生のこの仕事にたいするたのしさがとてもつたわってきた。あたらしいことをたくさんしれてたのしそうだと思た。
高校1年生 作業療法士や、理学療法士の違いなどを知ることができてよかったです。
高校1年生 リハビリテーションって、もっとかたくるしいものだと思っていましたが、今回の講義のおかげで、それだけじゃないんだと考えを改めました。ありがとうございました。
高校3年生 未来が楽しくなった気がします。
高校2年生 何の仕事を選んでもやりがいはあった方が頑張れると思いました。やりたい事をみつけてその事について詳しく調べてみたいです。
高校1年生 リハビリについての情報を分かりやすく、ご説明いただきありがとうございました。
高校1年生 作業療法士と理学療法士、言語聴覚士の違いがよくわかりました。
高校2年生 リハビリテーションには、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がチームを組んで頑張っていることを知りました。療法士たちは、学んだ知識を患者に伝えるのではなく、理解した知識を患者に伝えると学びました。この講義を聞いて、リハビリのイメージが変わりました。介護の仕事を知るいい機会になりました。
高校1年生 リハビリテーションでもいろんな方法があるんだなと思った。人と関われることが良いと思った。
高校1年生 リハビリテーションや理学りょう法士について考えていたことがかいけつしたり、「なるほど」と思えました。ありがとうございました。
高校1年生 リハビリテーションについていままで辛かったりしんどいイメージしかなかったけど、楽しいことや、やりがいを聞いて、しんどいだけではないんだと知ることができた。
高校1年生 赤ちゃんにどういう風にげんご教えるかが分かりました。
高校1年生 そのかんてんからみて考えるんだなととても勉強になりました。
高校2年生 リハビリはつらいものでサポートが必要なものだと思っていたけど、楽しんだり遊びを用いたものがあるんだと思いました。
高校2年生 プレゼン資料がとても分かりやすかったです。
高校2年生 とてもわかりやすい講義で楽しかったです!
高校1年生 理学療法・作業療法についてよく分かりました。
高校1年生 理学療法士という仕事について学ぶことができ、良かった。
高校2年生 よく分かりました。
高校1年生 自分の思っていたリハビリではなくてびっくりしました!ありがとうございました!
高校2年生 内容がわかりやすかったです。
高校3年生 先生の講義を受けて、作業療法のおもしろさが少しわかりました。
高校1年生 子どもに対してどう行動するか、危険がないか、教育など、真剣に取り組むというプロセスがよいと思った。将来の視野に入れる!
高校2年生 私は介護福祉士志望でしたが、今日は先生の講義を聞いて作業療法士という職業にもとても興味を持ちました。前に一度、言語聴覚士にも興味を持ち調べた時に作業療法士という職業があることも知りましたが、詳しく調べないままでいました。今日しっかり知ることができて本当に良かったです。進路の一つに作業療法士も加えて、自分で更に調べていきたいです。
高校2年生 作業療法士と理学療法士の違いがよく分かりました。
高校1年生 講義をきいたことで、作業療法士になりたい気持ちがもっと高まった。
高校3年生 自分も子供が好きなのでこの仕事につきたいという気持ちが強くなりました。
高校1年生 とても理解出来ました。看護師を目指しているのでなれたらこの授業のことを使っていきたいです。
高校2年生 楽しかった。
高校1年生 リハビリは自分がおもっている以上に大変そうだなと思ったけどやりがいがありそうだなと思いました。
高校2年生 痛みに耐えたり、キツいイメージがあったリハビリテーションも遊びながら出来るなど新しくしれたことが多かったので良かったです。分かりやすい説明ありがとうございました。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 作業療法学、脳科学

兵庫医療大学
リハビリテーション学部 作業療法学科
教授 山﨑 せつ子 先生

メッセージ

作業療法士は、障がいなどで生活に困難を抱える人を1対1で支援します。一緒に困難を解決していく中で、「あなたとだから一緒にやりたい」と思ってもらえる人間力や魅力が求められる、とてもやりがいのある仕事です。とはいえ、誰も完璧な人なんていません。
まずは、自分を好きになることから始めてみましょう。そうすると、人のことももっと好きになれるものです。兵庫医療大学は、教員と学生、また学生同士の距離がとても近く、一人ひとりを大切にする大学です。ぜひ、共に学び共に成長していきましょう。

先生の学問へのきっかけ

子どもが大好きで、一人ひとりの子どもとじっくり深く関わる仕事がしたいと思ったのがきっかけで、作業療法士になりました。1日中子どもと遊んで、発達や成長をサポートする仕事はまさに天職でした。その後、大人のリハビリも経験する中で、徐々に脳とリハビリの関係に興味が移りました。現在は事故などで脳に損傷を受けた人が、どのように社会でその人らしく生活を送れるかを主に研究しています。作業療法士時代は、子どもを遊びに熱中させるのが得意でしたが、大学でも学生が講義に熱中できるように、さまざまな工夫を凝らしています。