地域資源を生かすフィールド科学

高校1年生 いい講義でした。ありがとうございました。
高校1年生 いろんなフィールドワークの例を教えてくれて、こんなのもあるんだと思いました。自分も地元がいまより良くなるようにしたいと思いました。
高校2年生 たくさんの話がありましたが地域の人との関わりや卒業生が地域の人として協力しているのがいいと思いました。
高校1年生 とてもおもしろくて、あっという間でした。
高校3年生 フィールドを生かした技術に興味を持ちました。
高校1年生 フィールド科学について興味を持つことができました。
高校1年生 フィールド科学について理解できました。
高校2年生 わかりやすい講話でした。ありがとうございました。
高校2年生 楽しかったです。
高校1年生 県立広島大学や広島県の魅力を知ることができました。これまで、フィールド科学についても、広島の特産品等についてもあまり知らなかったので良い機会になりました。
高校1年生 広大なキャンパスで出来る、沢山の事や、3つに分かれていることを初めて知れたので良かった。
高校2年生 飼育業の人は食べ物を育てるだけと思っていたけれど、改めて生きるのの必要な大切な職業だと感じました。
高校1年生 植物の歴史にかんしてしりたくなりました。
高校1年生 生命環境学部生命科学科について多くのことを知ることができてとても良かったです。フィールド科学について興味が湧きました。
高校2年生 地域環境の問題などその各地各地での問題点が見えてきて面白かった。
高校2年生 農業に関しても、新しい技術が増えて来ているのだと思った。フィールド科学をもっと知りたいと思った。
高校2年生 農業のたのしさを学べてよかったです!!!
高校1年生 様々な方向から物事をみることについて考えさせられた。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも フィールド科学

県立広島大学
生物資源科学部 地域資源開発学科
准教授 甲村 浩之 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

高校時代から地域貢献に興味を持ってなんらかの活動に取り組んでいる人、将来地域貢献につながる勉強や仕事をしてみたいと考えている人が多くいます。あなたもそうなら、ぜひフィールド科学の分野に目を向けてみてください。
フィールド科学では、田舎や地方への興味と関心をベースに、理系分野だけでなく、社会や人に対する文系的な興味も大切です。簡単に答えがでない課題に直面することも多いと思いますが、地域の将来につながる研究に取り組んでいきましょう。

先生の学問へのきっかけ

私が育った広島市の太田川流域はとても水はけの良い土壌で、にんじんやパセリ、広島菜などの名産地です。幼い頃から地理的特徴が農産物の産地化に関わることを感じながら育ちました。大学は環境科学の道に進み、卒業後は県の農業職員になります。約20年間バイオテクノロジーを利用した地域特産野菜の育種改良や、農産物の機能性研究に携わった後、農業大学校の指導者を経て、現在の蔬菜(そさい)園芸学に至ります。現在は大学のフィールド科学教育研究センターに所属し、農作物の栽培を通した地域貢献に取り組んでいます。