四條畷学園大学の教員による講義動画

スポーツ分野への理学療法士の係わり方

高校1年生 スポーツトレーナーと理学療法士の違いが分からず困っていた最中に先生の講義があり、説明されててとても役立ちました。講義後の質問にも丁寧に教えてくださり助かりました。ありがとうございました。
高校2年生 理学療法士とはどういうものなのか、不安点を具体例をあげてとりのぞいてもらえました。
高校1年生 理学療法士の仕事はリハビリだけかと思っていたけどそんなこともないんだなと思いました。興味を持てました。
高校1年生 私もトレーナーと理学療法士の違いが分からなかったのですが、トレーナーより選手とコミュニケーションできるという点が素晴らしいと感じました。
高校1年生 実際にやってみたりして、分かりやすかったです!ありがとうございました!
高校2年生 理学療法士は病院のリハビリテーションしか仕事をしないと思っていたけど、トレーナーと同じような仕事が出来ると聞いて興味が持てました。
高校2年生 友達にさそわれて行きましたがおもしろかったです。
高校2年生 聞き入りやすい話し方であった。
高校1年生 理学療法士の仕事のしくみがくわしく分かりました。野球と携わることのできる仕事につきたいので、良い経験になりました。
高校1年生 私は足がわるくスポーツをするとき、私は陸上部でできないことが多いです。なのでもと勉強すると少しでもよくなるのかなと思いました。
高校2年生 写真やビラがとてもわかりやすかった。
高校2年生 元々理学療法には興味があったので、先生の話を聞くことが出来たので、もっと関心が深まりました。
高校1年生 理学療法士への関心が高まりました。
高校1年生 自分が一番興味を持っている理学療法についてしっかり学ぶことができた。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 理学療法学

四條畷学園大学
リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻
講師 木下 和昭 先生

メッセージ

私は学生時代にスポーツをしていて、けがの経験もあったので、「スポーツにおけるけがを減らす」ことを専門にしたいと考え、理学療法士を志しました。理学療法士は、スポーツの現場で大きな役割を担うことができます。特に子どものアスリート育成に、医学的なサポートを担う理学療法士が入るチームは今後さらに増えるでしょう。
人の手助けをし、スポーツに関わる仕事を希望する人にとって、理学療法士はとてもやりがいのある仕事です。やってみようという積極的な気持ちがあれば、ぜひ一緒に学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

学生時代テニスをしていた私は、仕事を通じてスポーツに関わりたいと思い、可能性を探していました。最初はスポーツトレーナーを志しましたが、いろいろな方からの助言で、理学療法士の道を知ります。理学療法士は国家資格であり、医療機関で働ける上、当時サッカーのJリーグで、数チームが理学療法士と契約したことが話題でした。これならスポーツと関われると一念発起しました。スポーツ分野に特化した理学療法士として、現在、兵庫県U15ジュニア体操競技の代表トレーナーや、神戸・西宮の体操クラブで実際に選手の体を診ています。