高知工科大学の教員による講義動画

脳研究法入門:脳と心をつなぐ

高校2年生 ありがとうございました。とてもわかりやすかったです。
高校2年生 とても興味のわく講義でとてもよかったです。
高校1年生 自分たちも参加しながらの講義はとても良かったです。とても分かりやすく解説されていて、この学問への興味が出てきました。
高校1年生 自分の考えや気持ちがこうやってうまれているんだな、とよく理解することができました。ありがとうございました。
高校1年生 神経科学への興味が少しでてきました。
高校1年生 人の脳や心といったものは前々から気になっていたのでここでしれてうれしかったです。
高校1年生 生物学などに興味が湧いた。自分でもいろいろ調べてみようと思った。
高校2年生 脳とはと、脳の部位について理解できた。
高校2年生 脳について、記憶についてなど興味が深まりました!勉強になりました!
高校1年生 面白そうな研究だと思いました。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 神経科学

高知工科大学
情報学群
教授 中原 潔 先生

メッセージ

あなたがこれから大学のどの学部に進むにせよ、文系理系を問わず、特に日本語の力(国語力)は重要です。そして数学と英語の力も同様です。また文理を問わず、コンピュータのプログラミングにも興味を持って勉強しておきましょう。
脳は、胃や肝臓と同じ「臓器」であるはずなのに、心を生み出す器官です。このことがとても不思議に思えて、私はずっと脳を研究してきました。あなたが脳に興味があって研究してみたいと思うなら、ぜひ高知工科大学に来てください。一緒に研究しましょう。

先生の学問へのきっかけ

高校時代から科学者を志しており、大学は理学部に入学しましたが、そこから工学部の建築学科へ転向します。その間に、ヒトの脳の活動について研究したいという目標が定まり、大学院は医学系へ進みました。医学の分野では、脳に関わるさまざまな病気を治すのと同時に、人体の仕組みの研究の一環として、検査でおなじみの磁気共鳴画像装置MRIを応用した「fMRI」を使い、脳の神経回路や情報処理の仕組みを研究しています。「心とは何か」「人間にはなぜ心があるのか」という問いを入り口に、記憶や思考を司る脳の研究を続けています。