東京海洋大学の教員による講義動画

ゲノム解析による養殖魚の耐病性形質の解明

高校2年生 東京海洋大は行きたいと思っている学校の一つで元から興味はあったのですが、先生の講義を聞いてより興味を持ちました。
高校1年生 ものすごく面白かったです!遺伝子などには昔から興味があり、今回の講義を聞いて更に興味が深まりました!本当に面白かったです!!
高校1年生 ゲノム解析のお話、とても詳しくてわかりやすかったです。自然に優しい養殖が盛んになればイイな、と思いました。
高校2年生 とても興味のある内容でした。魚以外にもいろいろと活用できそうな内容でした。これからの活用にも期待したいです。
高校2年生 魚と病気と遺伝子の関連がとてもおもしろかったです。
高校2年生 講義を聞いているとすごく地道な作業だなと思いました。また、世界初の技術だったり、自分たちが食べているヒラメにもその研究が使われていたことも知ることができてよかったです。
高校1年生 先生のヒラメがもっと普及したら良いですね。面白い話を語って下さりありがとうございました。
高校1年生 農学関係のお話でしたが、その中でも特に魚をとりあつかってくれたのがとても楽しかったです。また、解説のしかたがとても分かりやすく、とても興味がわきました。
高校1年生 1つの研究にたくさんの時間を費やし、誰も分からなかったことを発明することが、とても素敵だと思った。ゲノム編集とかに興味があったので面白かった。
高校2年生 おもしろかった。
高校1年生 ヒラメリンホシスチス病ウイルスの対策に1ゲノム単位の違いでここまで大きくな差をうみ出すことがわかりました。
高校1年生 魚の病気への耐性確得の仕組みがわかり、そのやりがいや研究の楽しなどがわかりやすく紹介されていて大変参考になりました。
高校1年生 専門的なグラフ、実験の分析について話されていて、少しむずかしかったです。
高校2年生 養殖魚生産の大きな課題である病を防ぐ方法を見つけだすのはとてもおもしろそうだなと思いました。大変興味深かったです。
高校1年生 あまり世に知られてはいませんが、素晴らしい技術だと思いました。
高校2年生 たくさん魚の病気と研究についてきけたし、きょうみをもてた。
高校1年生 私も魚は好きなので話が分かりやすかったです。魚の病名や、ゲノムについてよく分かりました。
高校1年生 研究の成果が全てコツコツとつみあげてきたもので大変だけど成果を出したときの達成感があるなと思った。
高校2年生 先天的な病気だけでなく奇生虫なども遺伝子操作によって排除できることにおどろきました。
高校2年生 私は、もともと生物に興味があって受けたのですが、先生の話を聞いて興味深い研究をしているなと思いました。
高校2年生 養殖魚のゲノムについてよく知ることができた。
高校1年生 先生の魚に対する愛情が伝わってきました。ヒラメのお話を聞けたときは、驚きました。
高校1年生 ゲノム解析は難しいイメージだったけど、この技術でいろんなことを調べて、活かせられることが楽しそうと思いました。
高校2年生 自分の一番好きな分野なのでとても聞いてよかったです。
高校1年生 ゲノム情報を活用しての形質の解明の仕方がわかりました。興味をもつことができ、このような分野についても調べてみたいと思いました。
高校1年生 研究の社会的な意義をよく理解できました。
高校1年生 病気の魚が減らせるということは無駄になってしまう魚が少なくなり、効率が良くなると思うので、便利な技術だと思いました。
高校1年生 耐病形質はどういったものなのかや、ヒラメやブリの遺伝子についてのこと遺伝マーカーを使って地道にやるのはとても大変だけどおもしろそうだと思いました。
高校1年生 養殖の技術が発展するとともに病気やいろいろな問題もあることがわかったのでとても面白かったです。
高校2年生 とてもおもしろかったです。研究の結果が大勢の食生活に影響していくところが興味深いです。自然にいた生物に関する研究をしてみたいと強く思いました。
高校1年生 優良な親から良い子を育て、人々にていきょうすることにゲノムを研究するという刺激的なことを聞けたのでよかった。
高校2年生 現在世界で魚ブームになっているのかとびっくりしました。また日本人として魚を食べることは日常的なことなので魚を不足させないための研究に興味がわきました。
高校1年生 研究には諦めずに我慢強くやることが大切だと思いました。養殖業はこれから必ず必要になると思うので興味も高まりました。
高校3年生 自分が気になる学科だったのでより詳しく、学べてよかった。
高校1年生 とても興味深い講義内容でした。私は将来、魚についての研究職に就きたいと考えていたので本当に聞けてよかったです。
高校2年生 おいしい魚をつくることも大切ですが、自然にやさしく産業するのは難しいことなので、今後の産業の展開に期待したいと思った。
高校1年生 魚をできるだけ長生きさせたいというのが伝わった。
高校1年生 分かりやすくて聞きやすい授業でした。
高校1年生 ゲノム解析が良く分かりました。
高校1年生 ゲノム情報やゲノム解折などを利用して遺伝子の発見する研究を分かりやすくおしえてくださって、とても楽しかったです。
高校1年生 魚の養殖についてくわしく知ることができました。
高校2年生 魚の養殖の、ゲノムを調べ、病気の対耐を持たせることで、安全で安い魚をつくってしまうことがすごいと感じました。
高校1年生 ゲノムかいせきの事は難しかったがなぜそうなるのかなどはよくわかった。
高校1年生 私たちの生活に関わっていることなのでとてても関心をもてました。
高校1年生 いつもおいしい魚をありがとうございます。今日の話で学べたので大切に食べます!
高校1年生 ぼくはゲノの実感がなかったのでこれをうけようと思いましたが、とても骨が折れるものだと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 ゲノム解析でどんなことがわかるかりかいすることができました。
高校2年生 魚を死ななくする、病気にかからなくするために遺伝子を変えていると聞いてびっくりしました。
高校1年生 たくさんの科学技術が実用化されているということがすごいなと思った。小さいころからの夢をじつげんできるのがすごいなと思った。
高校1年生 遺伝子の組み変えで病気につよいものを作ることが出来ることを知った。
高校1年生 むずかしかったけど色々わかってよかったです。
高校1年生 おもしろかった。実際に自分達の研究がつかわれる仕事はいいなと思った。
高校3年生 魚について研究することの楽しさ、大変さが一気に伝わってきました。今までまったく興味のなかった魚について興味を持てました。
高校2年生 寄生虫による病気について分子レベルで知ることができてとてもよかったです。
高校2年生 興味のわくような講義の内容でわかりやすかったと思います。
高校2年生 魚の養殖について様々なことがわかっておもしろかったです。
高校1年生 理解できないところもあったけどそれにより興味が湧いた。
高校2年生 とても興味深かった。ヒラメの話は生物基礎の話とかもあり楽しかった。
高校1年生 魚はとても好きなので、ためになりました。
高校1年生 魚について様々なことを知れました。
高校1年生 興味を持ちました。おもしろかったです。
高校1年生 魚の病気についての内容について知れた。
高校2年生 実社会への応用のための研究とわかり目的をもっておられて、私もそんな研究がしてみたいなと思えました。遺伝マーカーをつかって地道な作業をマットにとのお話は私もがんばらなくてはと原動力をいただきました。
高校1年生 魚について学びたかったけど、病気によって、異なる魚や容体を聞けて、終わったあと、さらに興味が勇きました。
高校2年生 おもしろかった。
高校1年生 魚の病気にならないための工夫など、とてもためになりました。
高校2年生 質問コーナーで先生にたくさん質問することができ、自分の将来が広がりました。
高校1年生 先生の魚に対する熱意が伝わりました。
高校1年生 ゲノム情報を利用することで、養殖以外に、医療にも発展が進むと分かりました。
高校2年生 かなり難しかったけど、すごいことをしていると思った。すごかった。
高校1年生 これから増え続ける養食を効率良くするためゲノムがこんなに活躍しているなんておどろきました。
高校1年生 魚食は好きです。美味しい魚のために頑張ってください。
高校2年生 とても興味深い講義でした。
高校1年生 養殖は全て環境に悪いと思ったが、そうでないと知る事が出来た。
高校1年生 難しい話でしたがおもしろいと思います。
高校1年生 さまざまな病気に耐えられる魚がより多く生まれるといいと思いました。
高校1年生 とても興味深い内容でした。研究は、関連づけて考えることなんだなと思いました。
高校2年生 遺伝子情報に興味があったのでとてもおもしろかったです。ゲノムを調べて、人間にも活用できたらいいと思いました。
高校1年生 思ったよりも身近なんだなと思いました。
高校1年生 マーカー選抜の技術がすごいと思いました。興味のある分野だったためとてもおもしろかったです。
高校1年生 養食魚の研究結果がとてもすごかった。魚はあまり好きじゃないので、少し理解がムズかしかった。
高校1年生 色の病気の実験についてはよくわかったが、連鎖という言葉を今回はじめて聞きました。
高校1年生 分かりやすく見ていてとても楽しかったです。
高校1年生 とてもおもしろいお話しでした。
高校1年生 こかれらの未来にとって必要な分野だと感じました。
高校1年生 とても分かりやすかったです。
高校1年生 何百通りもかったというのはとてもすごく養殖は今後より需要が高まっていくと思うのでぜひ研究したいと思うようになった。普段食べているの魚のすごさも感じた。
高校2年生 東京海洋大学での研究の中で遺伝子マーカーが作られていることに驚きました。私も研究のために色々できる人になりたいと思いました。
高校2年生 地道な研究だと思ったがその分結果が出た時はうれしい、やりがいがありそうだと思いました。
高校2年生 耐病性のある魚が人にとって有益なものになっていることに魅力を感じた。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 水産遺伝育種学

東京海洋大学
海洋生命科学部 海洋生物資源学科
教授 坂本 崇 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

私は昔から、「何かをやらされる」ことはとても苦手でしたが、自分が好きなこと、自分でやると決めたことに対しては、寝る間を惜しんでがんばることのできる人間でした。勉強は、自分にとって必要なものであれば「やらされるもの」ではなくなります。
例えば将来、わからないことを調べるのに、英語の文献を読む必要があるとわかれば、英語を勉強するでしょう。好きなことの追究に役立てるためにも、基礎となる知識は得ておきましょう。自分がやりたいことを見つけるため、そしてその可能性を広げるために、今の勉強をがんばってください。

先生の学問へのきっかけ

埼玉県出身で、子どもの頃は家の近くにまで金魚売りがやってくる時代でした。釣り好きだった父の影響もあってか、魚が大好きになり、小学生の頃からベランダに水槽を並べて金魚やニシキゴイを飼い、「将来は魚の研究をしたい」と公言していました。
ある年の夏休みに、埼玉県の水産試験場(現:水産研究所)に見学に連れて行ってもらい、ますますその思いを強くします。大学で水産学を学び、研究者への道を歩む中で、恩師に、「きみの長所はあきらめずに粘り強くやれることだ」と激励され、それが自分の特長だと思ってがんばってきました。