高知工科大学の教員による講義動画

社会に役立つ先端的機能を持つ金属材料

高校1年生 和紙などから金属に応用している部分があり自然の部分も大切なのだと思いました。
高校2年生 詳しくて丁寧で分かりやすかったです。ありがとうございました。
高校1年生 とても面白いお話をして頂きありがとうございました。
高校2年生 マテリアル工学について余り知るきかいがなく今回の講義をうけれて良かったです!!
高校2年生 今まであまり知らない分野でしたがこれをきっかけに興味が湧きました。
高校2年生 初めて聞くような単語が多かったですが、とてもわかりやすく面白かったです。ありがとうございました!
高校1年生 金属について知ることができました。今回の講義を通して興味が深まり、さらに調べたいと思いました。
高校2年生 マテリアル工学に興味が深まってよかった。
高校1年生 社会に役立つ金属材料は、始めはないと思ったけれど実際は社会に役立つものがあるし風化しないなどの特徴のある金属もいろいろありとても面白いものだと思いました。
高校1年生 とても勉強になりました!金属材料と聞いてとても興味があり授業を受けたらとても面白く参考になりました!
高校2年生 マテリアル工学について初めて知ることができて良かったです。
高校1年生 非常に興味を持つ内容でもっと知りたいと思いました。
高校1年生 今までは工学は物をつくるものだと思っていたが、材料を開発するものもあると知り、参考になった。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 材料工学、材料化学

高知工科大学
環境理工学群
教授 藤田 武志 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

大学にはたくさんの学部や学科があり、あなたはどこに進学しようかと迷っているかもしれません。私の携わっている材料工学・材料化学という分野は、社会の基盤材料である鉄やアルミ、半導体、そして先端機能性材料など、それ自体を開発・研究するという、重要な学問領域です。
もしあなたが将来、新しい機能を持つ物質・材料を発見することができれば、それは幅広い分野で応用され、使われることになる、とてもやりがいのある学問です。ぜひ高知工科大学に来てください。私たちと一緒に研究しましょう。

先生の学問へのきっかけ

進学で材料工学科を選んだのは、高校生の頃から半導体に興味があり、社会で使われる電子回路の基板材料が改善できたらインパクトがあると思ったからです。ところが4年生の時、第1志望だった半導体の研究室には入れず、アルミニウムの研究室に入りました。ここで出合ったのが電子顕微鏡です。そこでは当時貴重だった電子顕微鏡が使いたい放題でした。今思えば、第4志望が現在の先端機能性材料の研究につながったので幸運でした。電子顕微鏡をツールにいろいろな材料を研究しているので、ほかの専門領域とも関われて刺激になっています。