名古屋市立大学の教員による講義動画

地球社会の貧困と正義

高校2年生 消極的正義という考え方は無かったのでとても勉強になりました。
高校2年生 日頃の報道では知ることのできない世界の現状を知ることができ、解決のために行動しなければならないと痛感しました。
高校1年生 貧困というものが正義という視点で正しく理解できた。
高校2年生 ただ単に経済の話だけでなく、哲学を交えて正義についても聞けて、世間ではあまり知られてないような問題もあることがわかって、世界にはそんなにも恐ろしい事実があるのかと思いました。
高校2年生 とても面白かったです。貧困の国の人たちを無意識の内に傷つけていたということを自覚して改善するために何ができるかを考えたいと思いました。
高校2年生 世界の貧困について、詳しく学ぶことができました。
高校1年生 貧困の格差と言うものはとても悲しいものだと改めて思った。
高校1年生 SDGSなど、今世界で起こっていることを、日本のことも交じえて分かりやすく説明してもらえたのでたのしかった。
高校2年生 今の世界の現状を自分では理解しているつもりだったが、今日話を聞いて、貧困などの世界の問題は全て繋がっていると言うことがわかった。とてもいい時間だった。
高校2年生 今学校の授業で、世界の飢餓問題について研究しているので先生の講義を参考にさせていただきたいと思いました。
高校2年生 豊かな国に住む私達だからこそ今起こる貧困などの問題にどう対応するか改めて考えてみたいと思います。
高校2年生 これからも頑張ってください。
高校2年生 日本も間接的に世界の貧しい人に危害を加えているということが分かって、自分の出来ることを探そうとおもいました。
高校2年生 とても難しかったです。
高校2年生 世界には貧困に悩んでいる人がたくさんいるということがわかりました!ありがとうございました!
高校2年生 自分の知らなかった“貧困”のイメージが分かった。貧困に対するイメージが変わった。
高校2年生 良かったです。
高校2年生 自分も貧困の人を助けたいという思いがあってそのための将来を考えてきましたが、助ける というそもそもの原点に着目して倫理的に考えていくことは自分が考えてもいなかったことなのでその心に惹かれました。とても参考になりました。
高校2年生 授業後の質問も丁寧に答えてくださり、ありがとうございました。講義の内容は少し難しかったですが、現代社会の問題に政策以外の正義という観点から切り込む視点が新鮮であり、発見が多かったです。まと、学生が自らプロジェクトを行なっているという事実も大変興味深かったです。本日はありがとうございました。
高校2年生 今世界で起こっている問題の自分たちでもできることを学べて関心が深まった。
高校2年生 素晴らしい講義ありがとうございました。
高校2年生 持続可能な社会に貢献していきたいと思いました!
高校2年生 貧困に苦しむ人々を救うための仕組みを勉強する現代政治の学問に興味がわきました。
高校2年生 貧困は支配者によってつくられていて、それは問題だということがよく分かりました。
高校2年生 とてもわかりやすく、深く興味を持つことができました。ありがとうございました。
高校2年生 とても分かりやすかったです。
高校2年生 ユニセフとか国連に関する仕事につきたいと思っているので、今日から勉強頑張りたいと思います。
高校1年生 現代社会学科というのがどういうものを考えるところか知ることが出来た。高校生にとっても理解しやすい内容で、賛同できる考えだったのでとても興味深く感じた。
高校1年生 困っている人のために学問を学ぶという視点は、今まで私にはなかったので新鮮でした。新しい考えを知れて良かったです。ありがとうございました。
高校2年生 貧困を救いたいと思いました。
高校2年生 講義テーマを見た時に正義ってなんだろうと考えました。今回の講義を通して、とてもよく知る事が出来ました!!先生の書籍である「さもしい人間」にも興味が出たので、機会があれば読んでみようと思います!素敵な講義をありがとうございました!
高校2年生 私たちが特に何も感じず平凡に暮らしていてもその裏の見えないところで犠牲になっている人がいることを改めて感じさせられました。今暮らしている社会の構造に対してなんの疑問も持たず過ごすことはやめ、歪みがあるならば正そうという気概を持って過ごすことが大切だと考えました。
高校2年生 貴重な講義をありがとうございました。
高校3年生 テレビで知ったつもりになっていましたが、全然分かっていなかったことばかりでした。
高校2年生 貧困についてのイメージが大きく変わった。
高校2年生 貧困問題の具体的なことは全然知らなかったので、知れてよかったです。貧困問題の根深さを知って、驚いたし、日本の多くの人が今の貧困問題の現状を知らないのではないかと思いました。分かりやすい講義ありがとうございました。
高校1年生 たのしかった。おもしろかった。
高校2年生 世界の人々の倍もの食べ物があるはずなのに行き届いていないところの方が多いという現実と自分達がどれだけ贅沢な生活ができているのかというのがよく分かりました。
高校2年生 正義について、もっと深く考えようと思いました。自分がこの分野に興味ありそうだなとわかりました。
高校1年生 日々の生活が当たり前ではなく、また、貧困国のおかげで生活が便利になっていると初めて知りました。人口の多いところで貧困がおき、少ない所で富裕となりこれは直してきんとうにしていくべきだと思いました。
高校1年生 今までよりも世界の貧困についての興味が高まり社会への学習の意識がついたのでよかったです。裕福な生活を送る私たちだけれども、世の中には貧困な人々もいることを忘れずに生活していきたいです。自分が今送れてる生活に感謝して過ごしていきたいです。貴重なお話ありがとうございました。
高校2年生 知らない用語が多く、これから大学に進学するにあたって、多くのことに視野をもっていかなければいけないとおもった。
高校2年生 世界には私たちの暮らしとは全く違う生活をしている人がいるということを改めて知りました。誰もが幸せに暮らしていける社会を作りたいと思いました。ありがとうございました。
高校2年生 貧困に対して自分が思っていたことは間違いだったことがわかりました。とても分かりやすかったです。
高校2年生 政治学や哲学への関心を高めることが出来ました。
高校1年生 貧困社会だと人口が増え、反対に、富のある国だと人口が減る、というところが特に興味深かったです。
高校2年生 グローバルな視点で分かりやすい説明でした。勉強になりました!
高校2年生 自分達の豊かな生活の裏で貧困国に様々な問題が起きていると分かった。
高校2年生 毎日ご飯を食べて学校に行くのが当たり前でしたが、他の国では飢餓に苦しみ、一日を生きるのに精一杯の人が大勢いるというのに、気付かされました。今までもこのような話はありましたが、今回のように詳しく聞いたことはありませんでした。食べるものもなく、いつも危険と隣り合わせなんて、私には想像出来ません。自分が出来ることをしたいと思いました。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 政治学、国際政治学

名古屋市立大学
人文社会学部 現代社会学科
教授 伊藤 恭彦 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

AIの時代を迎えた今こそ、「人文社会科学」は重要です。人文社会科学は、人間とは何か、人の生き方や考え方、社会とはどういうものかなどについて考える学問です。テクノロジーにのみ込まれることなく、これからの社会を自分らしく生き抜くには、ますます必要になってくるでしょう。人間と社会を深く理解し、「未来をつくるのは自分たちである」という認識を持つことが人文社会科学の領域です。変化に柔軟に対応するための知恵と新しい行動を生み出す力となります。
自分の未来を考えるときには、人文社会科学にも注目してみてください。