記憶の不思議~嫌なことが忘れられない理由

高校2年生 わたしは嫌な記憶を日常生活を送る中で自分の意思とは関係なく急に思い出してしまい、支障をきたす時があります。それらの記憶を他人に話したことはありません。ですが辛い記憶を楽しい記憶として他人に話すと、それは楽しい思い出になるという今回の講義はとても面白かったです。楽しい記憶になると急に思い出すこともないし、思い出しても懐かしむこともできるようになると思います。今回の新たな発見はわたしのこれからの人生で活きていくものだと思います。とても楽しかったです。ありがとうございました。
高校1年生 記憶力に関しての心理学には昔から興味があって、「あの時のことを忘れたい」と思うことが多々あったのですが、今回の講義で人間の記憶のメカニズムについて知識を理解することが出来ました。
高校2年生 記憶について理解を深められた。
高校1年生 記憶に残る勉強法が分かりました。
高校1年生 どうすれば嫌な記憶を思い出さないか知りたくて受けたのですが、それだけではなく、勉強の仕方なども知れたし、実際に行動に移しやすい内容でとても良かったです。
高校1年生 語り直すことによって、ネガティブな記憶からポジティブな記憶になっていくことがわかった。
高校1年生 記憶とは、プロセスであり、レゴブロックが毎回組み立てられているイメージだと知りました。また、再読という方法で勉強をしていたけどそれよりも教材を繰り返し思い出すこと、テストを行うことが大切だと知ったので生かしていこうと思います。ありがとうございました。
高校1年生 海馬がないと記憶ができなくなることを初めて知ることができました。
高校1年生 心理学について興味があり、どんなことを学ぶところなのかを知りたくて受講させていただきました。記憶についてが議題になっており、試験の勉強にも役立てられる話が盛り込まれていてとてもためになりました。
高校1年生 記憶という分野の心理学も非常に面白いと感じました。嫌なことが忘れられないのは単なる気のせいなのではなくて、ちゃんとした理由があるとわかり、そんなことも究明できる心理学に更に興味をもちました。
高校2年生 テストをするのが1番効果的というのが興味深かったです。今度勉強する時に活用してみようと思いました。
高校1年生 海馬という器官が記憶を司っていることがわかりました。「繰り返しインプット」するより、「繰り返しアウトプット」することが記憶の定着に効果的だとわかったので、これから意識して学習していきたいです。
高校1年生 テストというのではなく、クイズと言った方が覚えやすいことがわかりました。
高校1年生 効果的な勉強方法が、記憶の仕組みに絡んで話されていて、わかりやすかった。
高校1年生 頭の中でどのように記憶が保存されていくのかを知ることができた。心理学に興味に興味を持った。
高校1年生 記憶の定着について科学的根拠を示しながら、詳しく説明してくれたので大変ためになりました!!
高校1年生 これからはインプットだけではなく、アウトプット(テスト)を積極的に取り入れたいと思いました。
高校1年生 勉強につながることも教えて頂き面白かったです!
高校1年生 脳ということで少し理系で難しそうだと思ったのですが、話を聞いてみるととても興味深く、暗記方法も試してみたいと思いました。
高校1年生 勉強したことをずっと記憶していられるように、テストいっぱい受けようと思いました。
高校1年生 私は今まで嫌なことが忘れられなくて辛いことが多くありました。今日の講義で学んだことを活かして記憶とうまく付き合っていきたいです。
高校2年生 記憶のメカニズムの面白さに気づき興味が深まった。
高校1年生 人の記憶についてしっかりと理解することができた。また、人間の記憶にも種類があることがわかった。とてもいい時間になったと思う。ありがとうございます。
高校1年生 心理学というちょっと難しそうな分野だと思ったが表とかを使ってわかりやすく説明してくれてよかったです。ありがとうございました。
高校1年生 日常生活でも使えるような事があって分かりやすかったです。
高校2年生 記憶はプロセスという考え方を初めて知りました。
高校1年生 記憶についてよくわかりました。テストをすることで記憶力がつくのは初めて知りました。これからはテストをすることを意識して勉強しようと思います。ありがとうございました。
高校1年生 海馬というのは聞いたことがあったけど、嫌なことは何度も思い出すから忘れない、とか勉強法など自分たちにとっての日常的な不思議から様々なことに発展していくのが面白かったです。もしも記憶に関わる仕事なら、認知症を治したいと思っているので、それに繋がりそうな講義を聞くことができ、有意義な時間になりました。ありがとうございました。
高校1年生 今回の講義を参考にテストを頑張りたいです。
高校1年生 人の記憶する仕組みについて記憶する器官の説明からその細かな仕組みについて先生のおかげで詳しく知ることができました。今日はありがとうございました。
高校1年生 嫌なことが忘れられない理由を理論的に説明して頂いて、理解することができました。また、記憶を生かした効果的な勉強法を学ぶことができたので実践していきたいです。
高校2年生 貴重なお話をありがとうございました。
高校2年生 心理学について興味があったのでこの講義を受けたいと思っていました。学習する時は再読ではなくテストをしたいと思いました。ありがとうございました。
高校2年生 嫌なことが忘れられない理由が理解出来ました。また、勉強の時に使える暗記しやすい方法なども知れて良かったです。
高校2年生 もともと心理学には興味があったので、少し難しかったですがとても面白かったです。とてもいい時間だったなと思いました。
高校1年生 今まで、嫌なことが忘れられない理由について、とても疑問を抱いていたので、とてもすっきりした。また、脳のしくみをさらに深めることができてよかった。
高校2年生 嫌な記憶がずっと残っているので今回参加させていただきました。でも先生のお話を聞いて少しは気分が楽になってよかったです。
高校1年生 よく理解できました。
高校1年生 脳のことまで分かり、より心理学に興味をもちました。
高校2年生 嫌なことが忘れられない理を聞きに行ったはずなのに、テスト勉強の方法もきけて、得をした気持ちになりました。テストをメインにテスト勉強をしていきたいと思いました。
高校1年生 普通の記憶と嫌な記憶の記憶の仕方が違うから忘れられないと思い込む感じなのかなと思った。話し直すことで楽しい記憶にかえることもできることが分かって面白かった。
高校1年生 嫌なことを繰り返し思い出してポジティブな思考にしていくのは少し難しそうだが、やってみたいと思った。
高校1年生 記憶の不思議や1番記憶できる方法などを教えて頂き、受けてよかったです。
高校2年生 難しい内容のように思えましたが、分かり易かったです。「テスト勉強での記憶方法」と「脳はどこで記憶をしているのか」を合わせながら講義をしてもらい、それでさらに理解することができました。勉強では、内容を思い出す訓練をすれば記憶が定着すると知ることもできました。
高校1年生 記憶のことについて詳しくわかった。
高校1年生 とても楽しい時間を過ごすことができました。
高校2年生 記憶の専門家だからこそわかる記憶法を知ることができてよかったです。
高校1年生 教わった事を活かして勉強をしていきたいと思った。
高校2年生 今日は貴重な講義をありがとうございました、先生の講義で学んだことを将来に生かせるようにがんばります。
高校1年生 記憶のつくられかたがよくわかった。勉強にもいかしてみたいと思うないようだった。
高校2年生 嫌なことが忘れられない理由が分かってよかったです。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 認知心理学、心理学

尚絅学院大学
心理・教育学群 心理学類
准教授 池田 和浩 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

「何を学んだらいいのかわからない」と悩んでいるかもしれませんが、あなたの脳に膨大な知識が保存されているからこそ悩むことができるとも言えます。ですから自分に自信を持ってください。何をすべきか考えるのではなく、何をやりたいのかを考えましょう。「やりたい!」と思えば何だってできます。
私は人の記憶に興味があり、その構造や変化の様相について研究しています。記憶の研究はとても面白く、また多種多様な分野に広げられるという魅力もあります。自然環境にも恵まれた尚絅学院大学で、ぜひ一緒に学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

高校卒業後は手に職をつけて働くつもりでしたが、担任から大学受験を勧められ、選んだのが心理学でした。その頃に読んだ心理学の本に載っていた「ミュラーリヤー錯視」に興味を持ったのです。大学では心理学の中でも特に人の記憶に惹かれ「目撃者から正しい記憶を引き出す手法」を卒論のテーマにしました。しかし実験の結果は仮説に反し、考察がまとまらず苦悩します。そんなある日、シャワーの最中に突然、パズルのピースがはまるように考えがつながったのです。あの時の「わかった!」という感覚が今も研究を続けるモチベーションです。