国際医療福祉大学の教員による講義動画

人生は「食べて、話して、大笑い」

高校1年生 食べ物などに気をつかうことはよくあっても、口について考えることはなかなかないので、とても面白かったです。会話や笑うことで人生が豊かになると知ることができたので、これから少しずつ意識してみようと思います。
高校1年生 講義を聞いて、歯と健康状態が深く関係しているということがわかりました。まさか、こんなに歯の状態が体に影響していると思っていなかったのでとても驚きました。私は虫歯になったことがないので、これからも自分の歯を大切にして行きたいです。
高校2年生 素敵な講義ライブをありがとうございました!
高校1年生 健康に栄養は欠かせないと思います。しかし歯と健康の関わりについては考えた方がありませんでした。これから何十年も一緒に生きていく為、歯磨きなどをしっかりしていきたいと思いました。
高校1年生  口の健康がそれほど体の健康に影響を与えているということは知らなくて驚きました。私は福祉関連の仕事に興味を持っているのでとても参考になる講義でした。
高校2年生 歯の大切さが分かりました
高校2年生 虫歯と健康の関係については非常に興味を持ちました。また介護福祉士については高齢化社会を迎える日本にとっては将来に向けて非常に重要な資格であり、重要な学問であること感じました。貴重な講義ライブをありがとうございました。
高校1年生 私は人を助ける仕事がしたいので、介護福祉や社会福祉士に興味を持ちました。また、現役大学生で介護福祉の実習の感想も聞けて、とても充実した30分間でした。
高校1年生 介護や歯のことについて詳しく説明してくださってありがとうございました!
高校1年生 口が大切だと今まではあまり思っていなかったけれどこの講義を聞いて、人と話したり食べたりすることが大切で健康にとても大切なのだと改めて知りました。私も口の中を綺麗に保ち、人とたくさん話、ご飯をたくさん食べて、健康に過ごしたいです!
高校1年生 私はこの講義を聞く前は介護・福祉とはお世話という印象を抱いていました。しかしこの講義を通して、介護・福祉においてその人の幸せが大切なのだと思った。また口の大切さを改めて感じました。よく噛んでご飯を食べること、笑い合って会話をたくさんしながらご飯を食べること、食うことは生きることなのだなと思いました。これから今まで以上に楽しくご飯を食べることを心がけたいと思いました。
高校1年生 大学では、中学・高校とは違い自主性がすごく求められることが分かりました。また、介護の難しさやなろうと思ったきっかけなどたくさん教えていただきありがとうございました。
高校1年生 保健・福祉学への見方が変わりました。実験もあり楽しそうだと思ったのと、歯が健康全体に関わっているということに興味を持ちました。
高校1年生 食品多様性の低下によって筋力が低下するサンコペニアという病気を初めて知りとても驚きました。医療だからと言って難しく考えずに身近な話題から考えるのも良いなと思いました。
高校1年生 普段気にすることなく使っている歯のことに興味を持ち調べ、調べる前にはしることもなかったことを多くきずくことになっていたので、身近なことでも身近でないことでもまず興味を持つことが大切だということが分かった。
高校1年生 今までで「口」について関心を持ったことはほとんど無かったけど、今回の講義を聞いて、関心を持ったし、たくさん会話して美味しく食べて人生を豊かにしていきたいなって思いました。
高校1年生 お年寄りになっても健康で元気な人は歯が抜けず残っていることを発見しそれを調べてわかりやすく話していただきとても良かったです。私もお年寄りのことをもっと知りたいと思いました。
高校1年生 口の健康が全身の健康につながり、重度の介護支援が必要になる状態を防げることが分かりました。ありがとうございました。
高校2年生 人は介護が必要な状態になっても気持ち次第で前を向くことができることがよくわかった。
高校2年生 今まで「食べること」、「話すこと」、「笑うこと」に対して何か強く考えたことがなかったのでこの講義をきっかけに、考えることが出来て良かったと感じました。
高校2年生 介護福祉の意味や、口と体の関係って凄いんだなということを知れました。歯についての解説もとても興味深かったです。
高校1年生 人間が生きていく上で口があるということはとても大事な事だと思いました。人間の体というのは、まだまだ未知のことが沢山あり、可能性を秘めているなと感じました。
高校1年生 面白い内容で興味を持った
高校1年生 講義の最後に書かれていたように、ご飯を食べる時にいつもより多く笑いながら食べてみると美味しいなと感じるかもしれないなと思いました。
高校1年生 歯のことについて詳しく知ることができた。歯髄は血管と繋がっていているので、血管に傷つけたり負担をかけたりすると動脈硬化あるいは糖尿病の悪化を起こしてしまう。口の病気と全身の病気は一体してしまうことに驚いた。これからも歯を大切にしようと思う。
高校2年生 歯のことについて知ることができた
高校1年生 私は食について詳しく知りたいと思い、この講義を見ました。詳しいことを知らないまま見たので、初めて知る言葉もたくさんあり、すごく勉強になりましたし、もっとたくさんのことを知りたいなと興味が持てました。
高校1年生 食べることは普通のことだけど、この講義を通して本当に大切なことだと思いました!
高校1年生 楽しく話してたくさん笑っていっぱい食べるという当たり前のことが人生を豊かにするというのを聞いてすごく共感しました。
高校1年生 食べて、話して、笑うことは大事だとよく分かりました、ありがとうございました!
高校1年生 美味しく食べ、話し、笑う事は重要だと思いました。高齢化が進む現代社会を生きるために知っておくべきことだと思いましす。
高校2年生 福祉について高齢者の方々の介護だと思っていました。しかし、この講義を視聴して、介護が必要な人の体には歯が関係している事を知る事が出来ました。親が歯科系の仕事に携わっているので歯については色々と聞いた事がありました。ですが、口は体が不自由であっても使えるということ、咀嚼の回数と健康が関わりあるということを聞き、驚きました。歯は体に大きな影響を与えるのだなと思いました。あまり噛まずに飲み込んでしまう事があったので、毎回の食事で良く噛んで美味しく食べようと思います。この事を家族や友達に伝えてより多くの人が楽しく健康で過ごせるようにしていきたいです。ありがとうございました。
高校2年生 介護について興味を持つ良い機会になりました。
高校1年生 ありがとうございました。
高校1年生 介護福祉士について興味が湧きました。世の中の幸せを考えるのが福祉。素敵です。素敵のお時間、ありがとうございました。
高校1年生 大学と高校の違い、福祉の重要性について丁寧なご説明ありがとうございました。とても参考になる内容でした。
高校1年生 接続がうまくいかず、途中からしか聞けなかったけれど、話は面白かったです。いい先生だなと思いました。
高校1年生 進路を考える良い機会になったのでよかったです!
高校1年生 本日は色々なことを教えてくださり、ありがとうございました!実際に福祉の大学に通っている方も交えての質問対応だったので、とても参考になりました。 赤木さんの福祉大学に通った理由などを質問にさせて頂き、小学校の頃おばあちゃんのいる介護施設に行ったところ、設備が整っていて職員の皆さんが活気に溢れていてそこからずっと福祉の仕事に就くのが夢で他の職業に目移りしたことがない!ということを聞き、とても驚きました。 また、福祉大学の実習についてや、コロナ禍での状況なども詳しく教えて頂き、とても参考になりました。 今回の講義動画や質問対応から、福祉について色々なことを知ることが出来ました。本当にありがとうございました! また機会がありましたら宜しくお願いします!
高校1年生 福祉の職業についてよくわかりました。現役の大学生のお話も聞けたのでよかったです。大学選びとても固く考えていたので楽しんで考えようと思いました。今日はありがとうございました。
高校1年生 このご時世でとても大学の人たちは授業をすることに苦労しているんだなと思いました。
高校1年生 健康に、幸せに生きるためには食べたり話したり人とコミュニケーションをとることが大切だとわかりましたこれから自分の生活をよく見直そうと思いますありがとうございました
高校1年生 大学がどういうところなのか知ることができました。福祉に興味はなかったけど、今日お話を聞いて、少し興味を持ちました。ありがとうございました!!
高校1年生 教授と生徒の距離が近く、相談しやすい環境にあっていいと思いました。また、今まで実習について調べていなかったので、きちんと調べてから大学を決めようと思いました。短い時間でしたが、講義ありがとうございました。
高校2年生 先生と生徒さんの2人から大学について話してもらえたのでほんとによかったです!ありがとうございました!
高校2年生 私は中学1年生の時に、介護施設に実習に行ったのですが、入居者の方々と、職員の方々の距離の近さにとても魅力を感じました。介護福祉を学ぶには専門的なことを多く学ばなくてはならないとのお話があったので、今できる勉強を精一杯頑張りたいと思いました。
高校2年生 僕は今進路に悩んでますが、とても為になるお話でした。ありがとうございました。
高校1年生 色々な講座を受講していたなかで生徒さんを交えて講義をしていただけてリアルな話をしていただけて嬉しかったです。自分は将来、医療や介護の分野のお仕事をしたいと考えているので将来が少しクリアになりました。
高校3年生 口に注目して考えることが無かったので新しい見方を知れて良かったです。口に注目してみようと思います
高校2年生 今まで何も考えていませんでしたが、口というのは、生きる上でとても重要な役割を持っていることに気が着きました
高校2年生 唾液のおかげで虫歯ができにくいところがあるとお聞きして唾液ってすごいなって思いました。私は食べることが大好きなのでお口をこれから先大切にしていこうと思いました!

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 医療福祉学

国際医療福祉大学
医療福祉学部 医療福祉・マネジメント学科
講師 畠山 博之 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

将来何になるのかを、今すぐに決めなくても大丈夫です。自分の道がどこにあるのかは、なかなかわかるものではありません。追い求めるうちに夢が変化することもあります。高校時代は友人との交流や部活動などを十分に楽しんでください。その中で、自分が興味を持てるものがあれば、どんどん突き詰めてみればいいと思います。
大学というところは、高校の勉強とは違い研究がメインとなり、教員の全力のサポートを受けて研究を進めていくことができます。大学での生活には、高校生活とはまた別の楽しみが待っています。

先生の学問へのきっかけ

長い間、複数の格闘技を経験してきました。どうしても勝てなかった相手と話していた時に、今まで一度も虫歯になったことがないと聞かされました。ほかの強い相手にも確かめたところ、同様に虫歯がないことがわかりました。力を出すには奥歯を噛みしめることが大切なのです。力仕事が多い介護職も、口腔内の状態が良くないと、人の体を持ち上げるなどの身体介助がうまくできません。その繋がりから介護をするときの姿勢と噛み合わせの研究を進めています。介護福祉士が技術に自信をもって介護できる方法を広めたいと考えています。