横浜国立大学の教員による講義動画

振動は身体を健康にする?

高校1年生 細胞がばねと同じような働きをすることによって振動を加えることで健康状態への促進に繋がることに関してはとても興味深かったです。今回の講義を聞いて、振動学を応用した新たな発見をして人々の役に立ちたいと思いました。振動学のこれからの進歩がとても楽しみです。
高校1年生 私の家にも振動したら痩せるという機械があります!それに対して疑問を持っていましたが、とても分かりやすく理解することが出来ましたので解決出来ました。
高校1年生 振動と体に、思いもよらない関係性があることがわかりました。振動というのはあまり心地いいものではないから、体には害しかないと思っていましたが、振動が伝わるおかげで骨や筋肉が活性化していたりして、役に立っているということが1番驚きました。分かりやすい講義ありがとうございました。
高校2年生 分かりやすかったです。
高校1年生 サッカー選手などのスポーツ選手が重症の怪我をした際にもうそのスポーツ業界に二度と復帰できないはずなのに、なぜ復活できたのかという謎をしることができました。振動というのは単にものに働きをするのではなく色々な面で役立っていることを知り、たまになりました。ありがとうございます。これから振動の力を色々な分野に引きたたせてほしいです!
高校1年生 初めて知ることがたくさんあり、面白かったです
高校2年生 今まで物理を何に使うか分からずに学んでいたのですが興味が持てました。振動についてもっと知りたいと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 建物の建築などに使われる振動学が、人の骨折を治すのなどにも役立つということに驚きました。また、そういった風にいろいろな分野の研究などが合わさって技術などが進歩していくのだなと思いすごいなと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 振動が様々なものに役立ったり、逆に邪魔な存在になっていることを知りました。これから様々なことが解明されてほしいです。
高校1年生 とても面白かったです。
高校1年生 サッカー選手などのスポーツ選手が重症の怪我をした際にもうそのスポーツ業界に二度と復帰できないはずなのに、なぜ復活できたのかという謎をしることができました。振動というのは単にものに働きをするのではなく色々な面で役立っていることを知り、たまになりました。ありがとうございます。
高校1年生 ありがとうございました。
高校1年生 自分も接骨院に通っていたので、電気治療と振動の関係が知れて良かったです。振動が秘めている可能性はとても大きいと感じました。本日はありがとうございました。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 機械工学

横浜国立大学
理工学部 機械・材料・海洋系学科
准教授 白石 俊彦 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

私が研究者になるまでには、自分自身が全力で「今」を生きる中で、人との出会いと、そこでの学びが大きく影響したと実感しています。あなたも、さまざまなことに興味を持ち、その中から自分が心の底から面白いと思えるものを見つけましょう。
私が取り組んでいる工学と医療の共同研究の場合、体の仕組みや細胞を知るための生物や化学、物理学などの知識も必要です。さらに海外の研究論文を読んだり書いたりするには英語力も必要です。そういう視点で今の高校の勉強を考えると、どの教科の勉強にも力が入るはずです。

先生の学問へのきっかけ

小さい頃から工作が好きで、高校生の頃には機械のことを学んでロボットや自動車などをつくりたいと漠然と思っていました。その後、大学の工学部に進んで、機械の振動を抑えたり、逆にそれを利用したりする「振動学」の授業を受け、とても興味を持ち、その担当教員だった恩師の研究室に入ったことが、その後「振動学」を究めるきっかけとなりました。振動学を世の中のために役立てようと、医学部の研究者と共同研究をする中で、振動が骨折治療などに良い効果があることを見極め、振動学の医療応用という新しい領域を開くことになりました。