東京都立大学(旧・首都大学東京)の教員による講義動画

障がいを予防する動作とトレーニング

高校2年生 総合的な診断結果からわかる患者の状態であったり、その適切な処置を考えることができる理学療法により一層興味を持ちました。また、体幹の筋肉が体の各パーツと深く関わりを持っていることを知り、改めて、体幹の重要性と筋肉の関りに感心しました。ありがとうございました。
高校1年生 私は将来医療系の仕事にかかわりたいと考えていましたが、どのような職種があるのかはよく調べていませんでした。この講義を通して医療についての関心を深め、将来の職業選択の幅を広げることができました。ありがとうございました。
高校2年生 この度は貴重なお話ありがとうございました。私は将来看護志望なので、このジャンルに興味があり、この動画を拝見させてもらいました。動画で学んだことをこれからに活かして生きたいです。
高校1年生 私は将来医療系の仕事にかかわりたいと考えていましたが、どのような職種があるのかはよく調べていませんでした。この講義を通して医療についての関心を深め、将来の職業選択の幅を広げることができました。ありがとうございました。
高校2年生 理学療法士について様々なことを学ぶことができました。ありがとうございました。
高校2年生 本日はありがとうございました。勉強する習慣とそのモチベーション維持を意識して高校生活を送りたいと思いました。
高校2年生 事前に集めていた質問に対して通っている学生の方にしか分からないことも、多く教えてくださってとても将来に役立つ時間となりました。
高校3年生 須賀菜々美です。先程は有難うございました!とても参考になる話ばかりで改めて東京都立大学で理学療法学を学びたいと強く思いました!本当に有難うございました!4月にまたお会いできるよう頑張ります!

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 健康福祉学、理学療法学

東京都立大学(旧・首都大学東京)
健康福祉学部 理学療法学科
准教授 来間 弘展 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

理学療法士は、人の健康を取り戻して人生を豊かにし、価値を高めていくためのお手伝いをするという、とてもやりがいのある仕事です。理学療法は日本だけでなく世界各国で注目されていて、特にアジア諸国で大きく広がりつつあります。
私も理学療法の国際会議によく出席しますが、理学療法を通じて、こんなに世界中の人々とつながることになるとは思っていませんでした。学んでみると、きっと楽しいと思います。あなたも興味があるなら、ぜひ私たちと一緒に研究しましょう。

先生の学問へのきっかけ

かつて宮崎県に住んでいたとき、周囲にお年寄りがとても多く、体に不自由を抱えている方も多かったので、そうした社会の中で役に立てる仕事がしたいと思い、理学療法士の道を志すようになりました。理学療法士になってしばらく経った頃、腰のヘルニアを患ってしまったのですが、理学療法士の研修に参加した際、参加者の前で著名な先生に公開で施術をしていただき、自分でも驚くほど回復しました。その経験から改めて理学療法の面白さ、奥深さにめざめました。現在はスポーツ選手から、小学生やお年寄りまで幅広くケアしています。