大東文化大学の教員による講義動画

日本人は不健康? 現代人の不健康事情

高校2年生 分かりやすくて大学選びに役立ちました。この分野で大学探します。
高校1年生 日本人は、健康だと思われがちだが、世代別に見ると、それぞれ運動量の低下などの課題が取り上げられることが分かった
高校1年生 普段、当たり前のようにある歯には,食べる時や顔の表情をわかりやすくしたり、さまざまな役目があるという事に気づきました。なので,虫歯にならないように、しっかりと歯磨きをしていきたいと思います。
高校2年生 大学は高校と違って自分の好きなこと、興味のあることをより深く調べることが大切だと感じた。調べたいことがない人はどのような生活を送っているか気になった。少しでも大学のことを知れてよかった
高校1年生 私にとっては難しかったのですが、為になる講義だったと思います。ありがとうございました。
高校2年生 健康についてそこまで調べたことはありませんでしたが今回のお話を聞いて様々な発見をすることが出来ました。また、数字やグラフを使った説明だったのでより分かりやすく、健康意識を高めるきっかけとなったのでこれからちゃんと意識して生活したいです。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 栄養学、食品科学、健康科学

大東文化大学
スポーツ・健康科学部 健康科学科
教授 蕪木 智子 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

メディアには健康に関する情報があふれています。しかし正しい情報ばかりではなく、きちんとした知識のもと実践しないと、逆に健康を害することもあります。例えば、「運動は健康によい」とされていますが、栄養バランスを整えたうえで行わないと、効果を得られないこともあります。また近年、運動のパフォーマンス向上につながる成分や肥満の抑制に役立つ食品など、次々と食品の新たな機能性が発見されています。あなたが健康や栄養に興味があるなら、正しく最新の知識を学び、広く社会に貢献できる人材になることをめざしてください。

先生の学問へのきっかけ

子どもの頃から、料理や食べることが好きでした。しかし、家族が肝臓の病気治療のため、食事制限で食事を楽しめない状況がありました。好きなものを美味しく食べることが、生活の豊かさを得るのに大切であると痛感しました。このような経験から、食事を楽しみながら、なおかつ健康にもつながるような食生活を送るにはどうすればいいか知りたくなり、栄養について学ぶ道へ進むことにしました。