高知工科大学の教員による講義動画

超軌道速度で飛行する大気圏突入カプセル

高校2年生 複雑な現象も一つ一つの単純な理論が合わさってできているという点が、この学問、ひいては科学全体の面白さだなと感じられました。
高校1年生 高校での物理の基礎が将来の研究に直結することがわかり、今の勉強のモチベーションにつながりました。
高校2年生 先生のお話を聞いて、もともとあった宇宙工学への関心がすごく高まりました。まだ考える時間はあるので進路の一つとして考えられたらと思います。
高校1年生 宇宙開発の奥深さを知れてとても面白かったです。
高校1年生 複雑な力の関係や現象が関わっていて難しそうな内容だと思っていましたが、基本的な原理や法則の応用だと知ってとても驚きました。宇宙に広がるような技術を知る事ができ、とても面白かったです。
高校1年生 今やっている数学が大事なんだなと思いました
高校1年生 無知な状態から見ても分かりやすくいい勉強になりました
高校1年生 テレビで見るようなシミュレーションも、人が数学などを駆使して作ったものなんだと知れました。かなり大変そうだと感じましたが、今学んでいることが実際の研究でも使われているのだと実感できました。
高校1年生 ありがと!
高校1年生 カプセルにもいろいろな法則が関係していることを知り良かった。
高校2年生 とても面白く最高でした!
高校1年生 興味が湧きました。
高校1年生 興味深かったです。
高校1年生 計算式が難しかったです。
高校2年生 実験と数値のシュミレーションの長所、短所の説明がとてもわかりやすかったです。
高校2年生 先生がこの学問を好きなことが凄く伝わってきて、興味がわきました。
高校1年生 大学にいって勉強したいと思いました。
高校1年生 普段聞けないようなお話でとても楽しく聞くことができました。ありがとうございました。
高校2年生 面白かった。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 航空宇宙工学、流体力学、プラズマ工学

高知工科大学
システム工学群
講師 荻野 要介 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

私が航空宇宙工学の領域で取り組んでいるのは、大気圏突入カプセルまわりの超高速気流の解析です。きっかけはSF的な憧れでしたが、途中からどんどん面白くなっていきました。高校や大学で勉強してきた数学や物理、化学といった勉強がどんどん当てはまって、使いどころが見えてきたからです。
あなたも大学で、同様の経験をするかもしれません。民間人も宇宙に行っていろいろな経験をする時代が近づいています。あなたのような若い人に、ぜひ宇宙工学の研究に携わってほしいと思っています。

先生の学問へのきっかけ

高校時代から宇宙に憧れていたので、工学部の航空宇宙学科へ進みました。大気圏突入ミッションを研究テーマにしたのは4年生の時でした。宇宙から地球に帰ってくる大気圏突入カプセルが受ける影響を流体力学から導き出し、設計に反映する研究です。小惑星探査機はやぶさのカプセルの研究開発に携わった先生や、後に帰還したカプセルの回収に参加した先輩と出会いました。その時はじめて「今までしてきた勉強の面白そうな使い道」を見つけ、物理現象を学問で目に見える形にし、解釈をつける面白さに魅せられて研究にはまっていきました。