徳島大学の教員による講義動画

光を使ってナノの世界を見る・操る

高校2年生 光について学ぶことが出来て、少し興味が湧いた。わかりやすい講義をありがとうございました。
高校2年生 最初はナノと言う言葉につられ、何も理解してなかったが、この動画を見てナノの大まかな事を知れただけではなく、すこい興味もわいた。
高校2年生 講義ありがとうごさいました。光の力は医療の分野だけでなく他にも様々なところで使われてることを知ることが出来ました。この話は将来を考える上でとても参考になりました。
高校2年生 光だけではなく小さな金属を組み合わせることでより小さなものを見れるようになる、また操れるようになって面白いと思うました。ありがとうございました。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 応用光学、フォトニクス

徳島大学
理工学部 理工学科 光システムコース
准教授 矢野 隆章 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

高校での理系の分野は数学や物理や生物など教科が細かく分かれていますが、先端的な研究は、それらに境界がない融合的な学問です。すべてがミックスされた領域から、新しい研究や学問が生まれてきます。
ですから、自分はこれが好きだからこれしかやらないと一つの分野だけにとどまるのではなく、たくさんの分野に興味を持っていてください。分野をうまく組み合わせることで、今までにない新しい考えを自分で作り出すことができるのです。たくさんの教科を俯瞰(ふかん)的に勉強しながら、新しい可能性を探っていきましょう。

先生の学問へのきっかけ

理科の中では物理が一番好きでした。未知の物理現象を解き明かすというよりは、既知の現象を使って社会に役立つようなことをするのが自分には合っていると思い、工学部の応用物理学科に進学しました。大学では光に特化した講義が多く、新しい学問領域にワクワクしました。その中でも光を使って測る・見るという研究をめざしたのは、子どものころから「ものを見る」ことに興味があったからでしょう。現在は、より小さなものを見る顕微鏡の開発をめざして、研究を進めています。