大阪公立大学※2022年4月大阪市立大学と大阪府立大学の統合による開学の教員による講義動画

DNA解析より分かった野生植物の生態

高校1年生 高校と違い大学では自分で新しい化学の成果を生み出すこと、化学を1歩進めるという言葉を聞いて大学に行くことが楽しみになりました。
高校1年生 自分は、高校1年生で来年から生物の分野が選択できるところに立っています。講義動画を拝見し、生物学の凄さに驚きました。来年からの生物が楽しみになってきました。分からない単語も沢山出てくると思いますが、自分なりに考えてみて来年からの授業に備えたいです。
高校1年生 生物学への興味がわいてきました
高校1年生 植物の生態を調査する事が環境を守ることにつながると知って最初思っていたよりもこの学問が深いんだなと思いました。
高校1年生 植物は身近だが、とても奥が深く講義ライブを観ていてとてもおもしろいと思いました。まだ、高校で生物を習っていないため、理解できていない点もあったが、生物がもっと楽しみになりました。
高校1年生 しらないことがたくさんあり、それぞれに利点や不利なことがあることがわかりました。
高校2年生 雌雄異株の研究やナンキンハゼについての話などとても面白くこの講義を視聴できて良かったです。
高校1年生 講義動画から、植物の性や、植物の遺伝子について知ることができました。野生植物についてさらに知っていきたいと思いました。
高校1年生 1つの株から受粉するよりも雄株と雌株で他家受粉したときに不利な劣性遺伝子がホモ接合になる可能性が低くなるというメリットがあるの事に驚きました。
高校1年生 ヤマコウバシが一つの巨大なクローンだと知って、そんなことがありえるのかと、とても驚きました。
高校1年生 これからの世界に役立てる素晴らしいものだと思いました。
高校1年生 以前、近親相姦を繰り返すと遺伝子疾患をもたらす遺伝子がそろいやすくなるため、先天性異常が発生しやすくなる、という内容のYoutubeを見ました。今回の動画を見て、植物にも同じようなことが起きると知り、驚いたとともに、見た目が全く違う生物同士でも遺伝子レベルでみると、その根本は同じであったりするということが分かって、より興味を惹かれました。
高校1年生 私には少し難しい話が多かったですが、図や表をわかりやすく使っていてわかりやすかったです!!
高校1年生 自分の研究が世界に伝わったら面白いと思った。
高校1年生 一つの種子からなるというのはとても驚いた

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 生態学、生物学

大阪公立大学※2022年4月大阪市立大学と大阪府立大学の統合による開学
理学部 生物学科
准教授 名波 哲 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

高校時代は、英語の勉強に特に力を入れてください。大学でも基礎教養課程で英語を学びますが、その前から頑張っておいた方が有利です。大学進学後、留学する場合はもちろん、論文を書くにも国際的な学会に参加するにも英語が必要になるからです。
私自身、もっと英語の勉強を頑張っておけば良かったと、国際学会に参加するたびに反省しています。一方で、勉強とは関連しないことでも、自分自身の興味を大切にしてください。「オタク」などと言われるくらい没頭できれば、その知識は必ずあなたの財産になります。

先生の学問へのきっかけ

子どもの頃から、自然に接するのが好きでした。小学生の頃、食物連鎖について書かれた本を読み、あらゆる生物が植物のおかげで生きていることを知って、「植物ってすごい!」と感動。そのことを日記に書いたところ、先生から「その植物は、土のおかげで生きていることがわかる本もある」と教えてもらい、今度は「土ってすごい!」と感銘を受けました。中学・高校でも生物の授業が好きで、特に常緑樹林や落葉樹林などさまざまなタイプの植物の集団があることに興味が湧き、森林生態系について学べる大学に進み、現在の研究に至っています。