東海大学の教員による講義動画

建築の魅力「アクティビティを形にするデザイン」の研究

高校2年生 徐々に設計課題の規模が大きくなっていくことが面白そうだと思った
高校2年生 建築学に興味を持っていましたが、今回の講義ビデオをみて、建築をするのにも色々な学問の人が集まって1つの建物ができるということをしりました。また大学での授業内容を知ることができ、より一層建築学を学びたいと思いました!ありがとうございました!
高校2年生 三角形のホールの縞々がカッコよくていいなと思いました。面白かったです!
高校1年生 知りたかったことをたくさん知れて良かったです。
高校1年生 建築をアクティビティと結びつけて考えるのはとても深いと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 建築物にも色々なデザインがあって、ワクワクしました。たくさんの人が協力し合って一つのものを作っていて、すごい世界だと思いました。
高校1年生 人の動きや心理を考えて建物を設計することは大切であり、このようなことを考えて建物を造ることで人々が住みやすい街ができるということがわかりました。
高校1年生 講義動画を見て、すごく興味のある分野だと思いました。
高校1年生 自分は建築学科を志望していたのですが、具体的にどういう事をするのか分かっていませんでした。しかし、この説明で、建築がどれだけ面白いものなのかを実感しました。これからも建築学科を志望し続けるさらなるきっかけにもなりました。
高校1年生 建築の奥深さを知ることができて、より建築学への興味が湧きました。
高校1年生 クイズ形式で進めていたのでとても見てて楽しかったです
高校1年生 聞きたかったことがそのままあり、良かったです!より建築に対して深く興味をもちました!
高校1年生 私は幼いころから建築に興味があり、建物の見取り図をみて人の流れを考えることが好きでした。建築とは設計するだけだと思っていましたので、その過程で人の流れや需要、音響、照明なども考えてつくっていくことを知って、より一層面白そうだなと思いました。
高校1年生 人の生活の仕方によって設計を考えることが大切だと思いました。自分で設計した建物が実際に建つことはとてもやり甲斐のある仕事だと思いました。
高校1年生 建築についてさらに興味が湧きました。ひとつのものを建てるのに色んなことを計算したり、考えながらやらなければいけないということが分かり、ひとつの建物に色んな人の努力が詰まっているなと思いました。
高校1年生 図書館を見て、見ていて飽きないようなデザインと温かい空間だなと思いました。
高校1年生 建築について知れてよかったです。これからの進路選択に生かしたいと思います。
高校2年生 人の動きを観点に作業するとこんな建物ができるんだなと知れてよかったです。とても過ごしやすそうな建物だと思いました。
高校1年生 講義の内容を見てすでに興味が湧いていましたが、動画を見てさらに興味が湧きました。僕たちが当たり前に生活している空間にも、様々なことを考えられて作られているんだと感動しました。
高校1年生 建築のことはまだあまりよくわからないのですが、この講義ライブ動画を見て建築への興味が湧いてきました。
高校2年生 扉の幅、昼休みの生徒の実際の動きを見るのは興味深いなと思いました。建築に再び興味を持つきっかけになりました。
高校1年生 私は建築の見た目に関心がありましたが、動画を見て、その見た目が形作られた背景から建築を知っていきたいと思いました。
高校1年生 全ての人、社会のためになり、自分も納得できる建物を設計することが楽しみになりました。絶対建築家になります!
高校1年生 建築は単独でするイメージだったが、議論を重ねてつくっていくという話を聞いて驚きました。
高校1年生 人の動きと建築の空間、建物には密接な関係があることを知りました。私は紹介されていた大学に何度も訪れたことがあったが、何故そのような設計なんだろうと思ったことはありませんでした。思い返してみると学生は建物の入り口、出口の使用回数が多く、外部から訪れている人は周りの公園に行くための通り道を使用することが多かったと思います。そのような細かいところまで工夫されていてとても素晴らしいと思いました。
高校1年生 今までよりも建築のデザインについて、興味が湧きました。人の動きを見据えてデザインしていく過程や、見た目もより良くなるような建築が素晴らしいと実感しました。
高校1年生 今まで“なんとなく“建築が面白そうと思ってきたのですが先生の講義ライブ動画を拝見して、建築がとても興味深く感じてこの学問を学びたいと思うようになりました。
高校1年生 見た目のデザインだけでなく、用途も考えてデザインすることが大切だと感じました。空間のデザインは総合的に見ていくことが必要だとわかりました。
高校1年生 どのようなことを学んでいくのか知ることが出来ました。ありがとうございました。
高校1年生 建築についてのことをたくさん知れて良かったです。自分の知らない建築学が出てきてもっと知りたいと思いました。
高校1年生 快適度合いだけでなく、人の流れも考慮して建物が作られているのだなと思いました。
高校1年生 私は小さいころからモノ作りが好きでまた、小中高を通してグループワークで友達と意見を出し合って何かを作り上げるというのがすごく楽しくて大好きだったので先生の話は大学でのイメージが分かりやすくとても興味を持ちました。
高校2年生 建築の知らなかったことまで知ることができ、興味がもっと湧きました。人の動きなど、使いやすい建物にするために考えることが必要で、工夫も大切だなと思い、夢が広がりました。
高校1年生 建物1つを作り上げるのに、外装や内装のデザインだけでなく、人の通りの予想や好んで使われる空間作りなど色々な事を考えて建築されることに、建築の面白さを感じました。
高校1年生 いつもお店の空間など意識していなかったのでとても面白かったです。また、自分で模型を作ったりするのは難しそうだけど楽しそうだなと思いました。
高校1年生 建築への興味がさらに湧きました!
高校1年生 建築のデザインの深さを感じた
高校2年生 建築と人の流れを結びつける発想はありませんでした。たしかに重要な要素だと思います。興味深いです。
高校1年生 自然を取り入れて建築物を設計しているのがよくわかりました どういうふうに大学の授業が行われているのかもわかりました 様々な人と協力して建築物を作っているのがわかりました
高校2年生 図書館の建築過程のところが面白かったです! 私が思っていた以上に設計するにあたって考えることがあったり、何度も模型を作って考えていくことがすごいと思いました!大変そうだけど、とても憧れました!
高校1年生 建築の自分の作ったものが残るという点に関心があり、建築学科に入りたいです。岩崎先生の作った図書館は、様々なアイデアが詰まっていて、とても驚きました。かっこよかったです。
高校2年生 小学校にあがる前から建築にずっと興味があり、今回工学部でこのようなことが学べることを知れて先生の講義ライブがとても楽しみになりました。建物を作るのはただ建築の知識があるだけではできず、どんなことで人が快適でいられるのか、落ち着いてホッとする気持ちになれるのかなど、人の気持ちを理解していたり、不特定多数の人が使う公共の建物ならすべての人が使いやすく、なおかつ長く使っていけるのかということまで考える必要があるのだということを感じました。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 建築学

東海大学
建築都市学部 建築学科
教授 岩崎 克也 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

あなた自身が「やってみたい」と思うことを見つけ、その道を突き進むことが大切だと思います。産業や学問分野の流行などを意識しすぎず、あなたが本当に挑戦したいことに取り組んでみるといいでしょう。
私は図書館で手にした本をきっかけにやりたいことが見つかったので、興味のあるテーマがわからないときはあなたのアンテナを張り巡らせ、いろいろな人と話をすることをおすすめします。大学での勉強は受動的なものではなく、自ら主体的に取り組むものだと思います。学びや成長のチャンスをあなた自身の手でつかんでほしいです。

先生の学問へのきっかけ

建築を学びたいと思ったのは高校3年生の頃、図書館で代々木オリンピック体育館の写真集を偶然手にとったときです。1度現地を訪れたことはあったものの、成長してから改めて見ると建物の美しさに感動し涙があふれました。自分もこんな建築物を作ってみたいと、建築を学ぶことに決めたのです。大学院を出たあとは30年ほど設計事務所で働いていましたが、培ったことを後進に伝えたいと思い大学教員になりました。研究テーマは都市と建物をつなぐための設計などで、学生と一緒にアクティビティのデザインに取り組んでいます。