東京海洋大学の教員による講義動画

タコの生態を解明して、海洋資源を守る?!

高校3年生 分かりやすくて良かった。タコの養殖が難しいとは知らなかったので新しい発見でした
高校1年生 タコには昔から興味があったが、このように成長していっているのが分かり、さらに興味深くなった。
高校1年生 はじめてたこの幼体にも種類がいてクラゲのようなものという言葉がしっくりきました。養殖の必要性がこれから増えていくなかでたこの養殖の難しい理由を突き止め養殖出来るようにすることとても素晴らしいと思いました。
高卒生 私も海の生物が好きでよく川に行っていました。ちっちゃいタコ可愛かったです。
高校2年生 タコには元々興味がありますが、今までよりもっとおもしろいと思えました。
高校1年生 とてもわかりやすく動画に熱中しました。タコに関してはなんか不思議で変な生き物という感覚だったのですがこの動画でかなり興味がわいてきました。
高校1年生 タコと言ったら、赤い育ったタコぐらいしか知らなかったので、浮遊のタコなどを知れてよかったです。
高校2年生 タコについて、深く考えたことはなかったのですが、養殖についてなど改めて聞いて、色々なことに関連しているんだなと思いました。
高校1年生 稚ダコは体表の模様が宝石みたいで綺麗だなあくらいしか、興味が無かったのですが、まだ謎だらけということを知って生態にも興味が湧きました。
高校2年生 数年前までタコの養殖が出来ていなかったことに驚き、それを成し遂げたのは本当に素晴らしいことだと思いました。動画を通してタコへの興味が高まりました。実際にタコの映像を見せていただいた時、とても可愛らしく思わず声が出てしまいました。是非貴学でタコの研究をしてみたいです。
高校2年生 タコの生態があまり解明されていないということには驚いた。タコの生態を解明して保全に繋がることを願っています、
高校1年生 海の生物にはあまり興味を持っていなかったけどすごく興味が湧きました!!陸の生物にしか関心がなかったけれど、これからは海の生物も視野に入れていきたいと思えました。
高校2年生 タコの研究は紀元前から行われていても、まだ未解明な事があると知り、生き物の研究の難しさが分かりました。稚ダコは想像していたよりも繊細でした。
高校1年生 わかりやすいスライドや動画などありがとうございました。動画を見て「タコの生態は面白い」と思いました。
高校2年生 まさかたこを弥生時代から食べていたことにすごく驚きました。稚ダコのことを初めて知って、このような観察をしていることも初めて知りました。まだまだ分からないことだらけということで、自分でももっと知りたいなと思いました。すごく面白い内容で、楽しかったです。
高校1年生 講義ありがとうございます。タコに浮遊する期間があることに驚きました。
高校2年生 すごく面白かったです!色々学部、学科について調べていて、こういった一つのものを研究しているという紹介をあまり目にしなかったので、とても新鮮でしたし、タコについて知らない事が多すぎて、驚きました!
高校2年生 未だに謎が多いというタコの生態はとても興味深いものだと思いました。
高校1年生 自分は生き物が好きで、特に水生生物が好きで、その中でも1番好きなのがタコなので、興味を惹かれました。家が近いのもあって、中学生のときからずっと第一志望の大学が東京海洋大学です。タコは好きなだけで詳しくはなかったのですが、先生の講義のおかげで、本にも載ってなさそうなことを知ることができてとても嬉しいです。海洋大学に進学できたら、先生のとこで研究してみたいとき思いました。ありがとうございました。
高校1年生 海に興味があったけれど、タコは水族館で見たことしかなかったのですごく興味深かったです。タコとひとことに言っても、沢山の種類があったり、意外な生態に驚きました。タコの研究はこれからわかることも沢山あって面白そうです。
高校1年生 水産資源を守るためには、環境改善も必要ですが、その生き物について理解を深めることで守ることができるということがわかりました。もっと、沢山の生き物について学んでみたくなりました。
高校1年生 タコ凄く可愛い!!
高校1年生 私たちが普段食べているタコの生態にこんなにも多くの謎があると知れて、とても面白かったです。この技術によって、より多くのタコが無事に成ダコになってほしいと思いました。
高校1年生 講義タイトルが面白そうだなと思って見てみました。この短時間でもタコの現状・稚ダコの生体について少しでも知ることが出来ました。1つの生物について研究するのは凄く楽しいそうだし興味深いなと思いました。
高校1年生 普段何も気にせず食べてる美味しいタコについて知ることができ、おもしろかったです。他の人にはあまり知られていない、タコの生態などの様々な知識を学べたので、本当に視聴して良かったです。
高校1年生 スーパーでも見る身近なタコが実は意外と生態がわかっていないということに驚きました。
高校1年生 タコの知らない部分を知れて面白かったです。
高校1年生 タコの養殖ってこんなに難しいんですね。自然界の稚ダコはあまり手に入らないと聞いてたしかに水族館などでも見かけないなぁと思いました!
高校1年生 全体的に惹きつけられる内容でした。特に、タコが喧嘩したり、共喰いしたりするという面白い生態を持っていると知り、タコに対する興味が湧きました。
高校2年生 タイトルに惹かれて動画を見たのですが、タコの生態などを全く知らなかったので新しい事が知れて面白かったです。
高校2年生 自分は今まで生物の飼育や養殖には興味がなかったのですが、海洋大関連という事で受けさせていただきました。そこで話を聞いていくと意外と面白そうだなぁと思いました。また、タコに関しては謎な事が意外にも沢山あることに驚きました。貴重なお話ありがとうございました。
高校1年生 私は、タコが元々好きで、この動画を見ましたが、イイダコのようにとても小さいたこを見たのは初めでとてもかわいかったです。
高校1年生 生き物に興味のある私にぴったりの講義でした。悪戦苦闘してもなお77%と100%に出来ないことから養殖推ダコの大切さや貴重さが伝わりました。
高校1年生 マダコとイイダコの違いがわかり納得しました。 陸上の生物と同じように種で違いがあることがわかりました。
高校2年生 実際にタコはどのように砂に潜るのか、稚ダコはどんな姿をしているのかが分かり、とても興味を持ちました。漁獲量も減っているのは海外の人がタコを食べ始めたからなんだと納得しました。
高校2年生 私は今まで、タコについて詳しく調べたことがなかったので、種類によって浮遊幼生期の有無違いがあることも初めて知りました。そこからメリット・デメリットを考えていくのが面白かったです。稚ダコの謎を解明することが、タコの養殖技術の開発に繋がり、海洋資源の安定供給につながると知って、ワクワクしました!
高校1年生 生物研究の流れを知ることができ、いい学びが出来ました。稚ダコの時から擬態能力をもっていることが驚きでした。
高校3年生 稚ダコがとてもかわいかったです。水流による死因があることに驚きました。人工的に水流を作り出し,飼育する技術がとてもすごかったです。
高校1年生 タコが共食いすることを初めて知りました。もっと色んなことを知りたいです。
高校1年生 タコはとても好きなので気になっていたのでタコへの理解がとても深まり面白かったです!

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 生物学、水産学、増殖生態学、保全生態学

東京海洋大学
海洋生命科学部 海洋生物資源学科
准教授 團 重樹 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

進路選択には迷いもあると思いますが、「好きだから」という理由だけで選んでもいいと思います。東京海洋大学には、海洋生物にとても詳しい人が入学するイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。
農学と水産学とで迷って、「どちらかというと好き」というような、漠然とした選び方でも構いません。そこまで好きではなかったのに、学ぶうちにどんどん好きになっていくということもあるものです。やってみないと魅力がわからない部分もあります。自分の興味を幅広くとらえて進路を考えてみましょう。

先生の学問へのきっかけ

私は子どもの頃から釣りが好きで、水にすむ生物も好きだったことから、自然と水産学の道へと進みました。大学卒業後は大学院には進まずに、カニの子どもなど水産生物を育てる研究機関に勤めました。生物を飼育していると、なかなかうまくいきません。どうやったら死なせずに育てられるのだろうと試行錯誤しましたが、飼育できるようになっていくと、そこにはこれまでに見たことのない世界が広がっていました。生物の生態への興味がふくらみ、飼育と生態解明の両輪を研究のテーマとすることにしました。