金沢大学の教員による講義動画

流れのシミュレーションの数理

高校1年生 シミュレーションがどう作られているか気になっていたので、方程式やプログラミングを駆使しているとわかりました。貴重な講義をありがとうございました。
高校2年生 台風の構造や数式がどれだけ使われているのか分かって楽しかったです、ありがとうございました
高校1年生 とても面白かったです。数学と情報が融合していてとても興味の出る分野でした!
高校1年生 自然が起こす現象を知ることが出来ました
高校1年生 いろいろわからない部分が多々ありましたが、じっくり聞くと「あーそういうことか!」と理解することができ、とても興味が湧きました!
高校1年生 私は、化学や物理でなぜこのようになるのか、化学だとなぜこの試薬を使うのかなど考えるのが好きなので、数学がこの世のリアルな自然現象などをシミュレーション出来るのはすごいと思いました。もしこの研究が進み、たくさんの現実の挙動に近い方程式が出来たなら、以下の条件からどんな挙動になるかなども式から予測できると思うので、面白いと思いました。
高校1年生 細かなところの説明を詳しくしていてとても理解しやすかった
高校1年生 風のシュミレーションなど見ていて楽しめるような動画の内容でした
高校2年生 数学が苦手な私にとってすごく難しい内容でしたが面白かったです。
高校1年生 序盤の水中の気泡が上へ上がっていく実験は、実際に科学センターで見たことがあり、こんなこともシミュレーターで理論を構築し、解明することができるのかと驚きました。僕にとって、あの泡がああ言った形になるのは「そういう物」だと思っていました。なので、流れのシミュレーションというものの力を感じました。しかし、まだ自分は、流れのシミュレーション中に出てきた用語の中では、三角関数だけしかわかるものがなく、他がわからず、さっぱりでした。
高校1年生 空気や水の流れを計算することの難しさと、厳密な解とシミュレーション結果との相違をいかに小さくできるかという難易度の高さがわかりました
高校2年生 ナヴィエ・ストークス方程式というのがあることを知らなかったので、どんなものなのか知れて良かったと思いました。
高校1年生 学校で物理などの勉強をしている時にシュミレーションの話になったりすることがあり興味があったので今後そのような方向の勉強をしたいと思いました
高校1年生 流れのシュミレーションが何とどう関わっているのかを少し知ることが出来たと思います。
高校2年生 たつまきのシミュレーションで集中のみよりも、集中+旋回の方が旋回の回転の効果で、圧力の低いところが真ん中にずっとあるということが分かりました。回転の効果だけで変わるのだと思いました。また、ナヴィエ・ストーク方程式という方程式があるのだと初めて知ることができました。
高校1年生 自分も数学がとても好きで興味が湧きました!流れのシュミレーションを使うことで色々な予測もできると思いました。
高校2年生 数学が身近な事柄と、密接に関わっていることを改めて実感しました。また、数学は奥が深いな、と感じとても興味深かったです。ありがとうございます。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 数学、数理学、数値解析学

金沢大学
理工学域 数物科学類
教授 野津 裕史 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

最近AI(人工知能)や機械学習が話題になっています。それらを支えるのが数学です。数学は得意でなくても、プログラミングは好きだという人もいるかもしれません。プログラミングは上から順番に書き記していきますが、その過程は数学と同じです。計算するだけでなく、論理を積み重ねるというのも数学の素養なのです。
一昔前までは高校数学までで多くのことを理解できましたが、今はもう少し先まで必要になっています。数学はとても役に立つ学問なので、ぜひ前向きに取り組んでください。それがあなたの未来を拓くと信じています。

先生の学問へのきっかけ

高校の頃は数学が得意だったので、大学は数学科に入りました。しかし、高校までの数学と大学の数学はまったく違っていて、世の中の役に立つのかがわからなくなってしまいました。4年生の時に、コンピュータで得られる結果の数学的な解析を専門にされている先生に出会い、そこで初めて数学が役に立つことを実感できたのです。卒業後は一旦、高校教師として就職しましたが、数学とコンピュータを用いて不思議な現象を解明する楽しさを諦めきれず、1度しかない人生だからやりたいことをやろうと決心して、大学での研究の道に入りました。