北海道大学の教員による講義動画

時間生物学研究の魅力

関心ワード
  • 遺伝子 、
  • 学校 、
  • 健康 、
  • 思春期 、
  • 生物 、
  • 体内時計 、
  • 早寝早起き 、
  • ブルーライト(青色光)

早寝早起きが健康とは限らない生物時計の仕組み

朝型か夜型かを決めるのは半分が遺伝

人間の体内時計は24時間より少し長い約25時間のリズムに設定されています。体内時計は人間だけでなく昆虫や植物も持つ生物共通の仕組みであり、どんな生物でも24時間プラスマイナス4時間ほどのリズムに設定されています。体内時計とは生物が進化の過程で獲得した、生存するための機能と考えられています。朝型人間・夜型人間といった分類がありますが、実は50%ほどは遺伝で決まります。「時間生物学」の観点からすると、「朝型=健康」とは断言できないのです。詳しい理由はまだ解明されていませんが、中学生、高校生という第二次性徴の時期にかけては、生物学的に夜型の傾向が強くなります。

避けたい、寝る前のブルーライト

特に冬は日の出が遅く日の入りも早いので、リズムが自然と夜型になりやすい時期です。そこで早寝早起きの生活習慣を強制すると、人によっては体調を崩すケースもあります。朝型の遺伝子を持っていても、年齢によっては夜型の傾向が強くなることがあるのです。しかし、遺伝の影響が大きいといっても、夜にパソコンやスマートフォンなどのブルーライトを浴びてしまうとさらなる夜型化を招きます。日中に浴びる光は体のリズムを整え、睡眠の質を高めますが、夜に浴びる光は体内時計のリズムを後ろにずらしてしまいます。

海外には学校の始業時間を遅らせる制度も

海外には「スタートスクールレイター」という学校の始業時間を遅らせる制度があります。実際にこの制度を導入したことで生徒の成績が上がり、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)が向上したというデータもあります。朝型になるか夜型になるかは遺伝の影響が大きいため、誰もが努力すれば朝型になれるわけではないのです。朝型は健康で夜型は不健康といったイメージは根強くありますが、それは一概にはいえないものです。思春期から青年期には生物学的に夜型になる時期には、社会も夜型にシフトさせるなど柔軟な対応が求められるようになるでしょう。

この学問が向いているかも 時間生物学

北海道大学
教育学部 教育学研究院
准教授 山仲 勇二郎 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

研究は、先生に教えてもらう授業とは異なり、自分で主体的に取り組む姿勢が求められます。研究者は、自身の研究に対して真摯に向き合い、情熱をもって研究を続けることが求められます。研究を続けていると、思うように研究成果が出ず、苦しい時もあります。高校生の間は、スポーツ、勉強、趣味でもどんなことでもよいので、自分が興味を持ったことを自分が納得するまで一生懸命取り組んでみてください。高校生のうちに集中して物事に向き合う経験を積むことがあなたが研究をスタートする時に大きな支えになってくれると思います。

先生の学問へのきっかけ

子どもの頃は外遊びや虫とりが大好きで、登山が趣味だった母親の影響もあり、週末は家族でよく登山にでかけていました。大学生になると運動や食事によってからだが変化することに興味をもち、人体の仕組みに興味を持つようになりました。卒論で登山が自律神経の日内変動にどのような影響を与えるのか調べたことをきっかけに、大学院修士課程で本格的に自律神経の研究に没頭していきました。そして、大学院博士課程に進学する際に研究者として独自性のあるテーマについて研究したいと考え、現在は生物時計や睡眠について探究しています。