病気の流行と数学

2014年6月21日 大阪会場にて収録

1分動画

病気の流行予測とデータの分布

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校2年生 数学と病気は、まったく関係がないと思っていたけれど、感染率などが数学で求められると知っておどろきました。
高校1年生 昔から数学によって病気の流行が研究されているとは知らなかった。
高校3年生 ちょっとむずかしいはなしでした。
高校1年生 スピードが速く内容も難しかったのでもっと詳しく、長く聞きたかったです。
高校2年生 まだ習っていないところが出て来ましたがこの講義で数学がこのように応用できるということを知って良かったです。
高校1年生 予防することの大切さがよく分かりました。
高校1年生 数学をもっと極めようと思います。
高校1年生 数学の知識だけで、色々なデーターを調べることができることに関心を持ちました。私も、そのような計算を組み立てられる人になりたいと思いました。
高校2年生 とても理解できて、解析学にとても興味が出た。
高校1年生 自分が未熟であったため、理解が難しかった。しかし、この短時間でここまで説明するのはすごかった。ありがとうございました。
高校1年生 大学へ行きたいという気持ちが高まりました。
高校1年生 数学の公式を使って病人の死亡人数がわかったりと、先生の話はとても興味深くおもしろい話でした。
高校2年生 すこし難しかったがとてもためになった。
高校2年生 感染者や病気についてのことを数学で表すのは、自分にとって難しそうだと思います。
高校1年生 計算の部分がよく理解できなかったが、その計算からでる結果はとても需要のあるものだと思いました。
高校1年生 数3が分からなかった。
高校1年生 説明が難しすぎるように思います。
高校1年生 計算式がたくさんでてきて、理解するのが少しむずかしいなと思いました。
高校2年生 とても難しかった!でも、なんとなく理解できた気がします。
高校2年生 病気の流行を防ぐための数学がより分かりやすくなることを望みます。
高校1年生 数学で病気の流行がわかるなんてすごいと思いました。
高校1年生 数学によって病気の流行を防ぐことができることを知って良かったです。
高校2年生 まだ未学習の内容が多く、理解するのは難しかったですが、興味はとてもわきました。
高校2年生 数学であそこまで広がるとは思いませんでした。より一層頑張ろうと思える内容でした。
高校1年生 集中してきくと、ワクチンのすごさがわかった。
流行学は自然に病気が流行するのではなく、数学をもとにされていることを知ることが出来た。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 生物数学

岡山大学
環境理工学部 環境数理学科
教授 梶原 毅 先生

メッセージ

数学を使って、生物、生命や医療などの問題を研究しています。個体数の変化や人口問題、漁業資源なども数学で研究できるのです。生物の行動や進化を数学で考える研究もしています。病気の流行や感染したときの体の中の様子なども調べることができます。あなたが高校で習っている「数学Ⅲ」の内容を発展させた微分方程式などを使って研究します。それによって新しい数学の世界が広がっていきます。こうした研究が少しでも世の中の役に立てばと考えています。あなたも一緒に研究してみませんか。

先生の学問へのきっかけ

環境理工学部の環境数理学科に所属し、数学の研究を行なっていました。応用数学分野の講義を聞く機会があり、数学を使って環境、医学、生命科学などの問題を研究できることを知ったことが、興味持ったきっかけです。その後は、日本数理生物学会などでの交流を通して、研究の幅を広げています。
研究分野の中でも、病気の「流行」は人間の生存に直接影響を及ぼす深刻な問題で、データも残されていることなどから、数学を用いた研究が非常に有効な分野であり、興味を持って研究しています。

大学アイコン
梶原 毅 先生がいらっしゃる
岡山大学 に関心を持ったら

岡山大学は、これまでの高度な研究活動の成果を基礎として、学生が主体的に“知の創成”に参画し得る能力を涵養するとともに、学生同士や教職員との密接な対話や議論を通じて、個々人が豊かな人間性を醸成できるように支援し、国内外の幅広い分野において中核的に活躍し得る高い総合的能力と人格を備えた人材の育成を目的とした教育を行います。