絡み合う長いひも状分子の結晶化

2018年6月16日 大阪会場にて収録

1分動画

結晶化するって何?

1分動画

結晶化のしやすさは何で変わる?

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 質問に答えてくださり、ありがとうございました。高分子の物質が身の周りに多く使われていることを知ることができたのは、とてもいい経験になりました。
高校1年生 先生のお話を聞いて、少しむずかしい単語があり分からない所もありましたが、環状ポリエチレンの研究が最後強いせんいや耐熱性がとても高い樹脂につながる研究を自分もしてみたいと思いました。
高校1年生 分子の結合力が上がることにより強度の強に物質を作ったり熱に強い物質が作れることがわかりました。
高校2年生 ちょうど化学で学んでいる範囲だったのでしっかり理解できました。個人的には分子がからまるというのが面白く、その考えに驚きました。
高校1年生 ポリエチレンについて、よく分かりました!分子を輪の形にすることは大変なんだなと思いました。
高校1年生 結晶はどうやってできているのかを、くわしく説明してくれました。
高校1年生 講義内で、二つのものごとの「業」を分かりやすく説明していただきました。
高校2年生 今まで、高分子が何かをあまり知らなかったけど、輪ゴムなどでたとえて説明して下さったので、とても分かりやすかったです。
高校2年生 新材料の開発がどのような感じなのか知れて良かったです。
高校1年生 身の周りにあるプラスチックの材料などは今、分解、変形などがしやすいようにさらに改良されていっているということを感じました。
高校1年生 長い分子を絡み合わせないように、直鎖状の分子を使うという発想がすごいと思いました。
高校2年生 分子の応用で、さまざまなことができると思いました。高校での授業理解を、大切にしていきたいです。
高校1年生 とても分かりやすかったです。
高校1年生 とても分かりやすい説明で理解しやすかった。
高校1年生 とても微細な結晶の核とそのでき方、など多くのことを分かりやすく、せんもんようごを使う量を少なくしてせつめいしていたから、分かりやすくなった。
高校1年生 図や表を使っていて分かりやすく表現されていて良かった。
高校1年生 おもしろかったです。興味深かったです。
高校2年生 高分子にとても興味がわきました。
高校1年生 もともとよく知らないことだったけど、丁寧でわかりやすく教えてくださったので、8割ぐらいは理解できました。
高校1年生 何かわかった気になりました。分かりやすかったと思います。
高校2年生 とても分かりやすくて、興味も湧きました。
高校2年生 化学についてよく分かった。
高校1年生 結晶化について自分の思っていたより面白いことがわかった。
高校1年生 非常に分かりやすい説明でした。
高校2年生 おもしろかった。興味がわいた。
高校1年生 身近な物質であるプラスチックには多くの種類があり、高分子でできたひも状分子は耐熱性があるということ知って、研究がおもしろそうだと思いました。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 高分子化学、応用化学、物質化学

岡山大学
環境理工学部 環境物質工学科
准教授 山崎 慎一 先生

メッセージ

高分子材料と言うと、なじみが薄い言葉かもしれませんが、実はあなたの身の回りに必ずあるプラスチックの材料も高分子材料です。プラスチックを見ればわかるように、高分子材料の特長は、そのしなやかさにあります。このように柔軟性のある材料を「ソフトマテリアル」と呼びます。現代化学では、未来の暮らしを担う素材として、ソフトマテリアルの研究が重視されています。新しい材料の研究には、若い柔軟な発想が必要です。高校でしっかりと化学を勉強し、ぜひ新材料の研究に一緒に取り組みましょう。

大学アイコン
山崎 慎一 先生がいらっしゃる
岡山大学 に関心を持ったら

岡山大学は、これまでの高度な研究活動の成果を基礎として、学生が主体的に“知の創成”に参画し得る能力を涵養するとともに、学生同士や教職員との密接な対話や議論を通じて、個々人が豊かな人間性を醸成できるように支援し、国内外の幅広い分野において中核的に活躍し得る高い総合的能力と人格を備えた人材の育成を目的とした教育を行います。