農学部ではいったい何を学ぶの?

高校1年生 農学部について、よく分かりました。
高校2年生 わかりやすくてとても興味が出ました。
高校1年生 農学にはいろいろな分野の勉強が必要だということがわかりました。教えてくださりありがとうございます。
高校1年生 とても分かりやすい講義をしていただきありがとうございました。自分自身、農学と工学・理学との明確な違いが分かっていなかったので参考になりました。現在の農学部では他の学部との連携が進んでおり、色々なものと結び付きながら研究が行われているということが心に残りました。
高校1年生 農学部の獣医学科以外の学部はどんなことを学ぶのか知らなかったのですが、今回の講義で把握することが出来ました。これから自分が本当に行きたいと思う学部を選ぶためにもっと農学部について調べていこうと思いました。今日は本当にありがとうございました。
高校2年生 農学部楽しそうだと思いました。ありがとうございました!
高校1年生 農学部についてよく分かった。
高校2年生 私は現在、農学部を志望しています。今回の講義は、その農学部に対する理解が深まり、とても参考になりました。ありがとうございました。
高校1年生 わかりやすく説明していただき、難しいけれどその分やりがいのある学問だと分かりました。ありがとうございました!
高校1年生 農学部ということだったので生物や数学を中心的に学んでいくのかと思っていたのですが、経済などの文系で学ぶことにも取り組むことを理解できて参加してよかったと思いました。
高校1年生 元々興味があった学部だったので、多分野に別れていること、これからの未来を作る学部であることを知ることができたので良かったです。ありがとうございました。
高校1年生 農学では7つの幅広い分野を学べるとわかりました。農学に関して知識を増やすことが出来たので良かったです。ありがとうございました。
高校1年生 農学についての説明がわかりやすかった。
高校1年生 農学部について知ることが出来ました。ありがとうございました。
高校2年生 この講義のお陰で農学部について理解を深めることができました。ありがとうございます。
高校2年生 個別で質問をさせて頂けたので講義より詳しく教授のお話を聞くことが出来ました。農学は好きなので教授の研究内容を知る事が出来て本当に貴重な機会になりました。この度は楽しい時間を頂き有難うございました。
高校1年生 分かりやすい説明ありがとうございました。これからの進路選択に役立てていきたいと思います。
高校2年生 農学の楽しさやさまざまなものに関わりがあることがとても伝わりました。
高校2年生 講座を受ける前は、農業について学ぶだけかと思っていたけれど、それ以外にも英語を学んだり、化学が必要なことがわかりました。
高校2年生 阿部先生の講義はただ、農学の分野について話すだけでなくそれぞれの分野で何をやるのかを詳しく教えてくれた。そのため自分のやりたいことの分野が分かったため、大学を選ぶ際に迷わないと思った。
高校1年生 私の農学部のイメージはもっと薄く、農業に関して学ぶ分野だと思っていましたが、農学にも色々な分野があることが分かり楽しかったです。ありがとうこざいました。
高校1年生 農学部のことを細かく分けた分野別に説明して下さったのでわかりやすかったです。ありがとうございました。
高校1年生 農学は、農業などだけではなく、それに関わる社会についても学ぶことが分かりました。また、就職先は様々な場所がある事が分かりました。
高校1年生 農学についてくわしく学び、考えることが出来た。
高校1年生 農学部か理学部に行くか迷っていたのですが、講義を聞いて農学部に行きたいという気持ちが高まりました。
高校1年生 とてもわかりやすく説明きていただきありがとうございました。
高校1年生 とてもわかりやすく、農学部について理解できました。そして農学部の細かい分野などがわかりました。
高校1年生 今まで農学について全く知りませんでしたが、今回の講義を受けて、職業、農学の分野に就くのもいいなぁ、と新たに夢を持つことができました!
高校1年生 よくわかりました、ありがとうございました。
高校2年生 興味はあるけどよく分からない分野だったので、知れてよかったです。やりたいことがまだよく決まってないので農学部も視野に入れながら考えていきたいです!
高校1年生 とても分かりやすく、全人類の生存権を考える国境のない学問という言葉が印象に残りました。
高校1年生 農学部については初めてしっかり聞いたので知ることが出来て良かったです。
高校1年生 とても分かりやすい講義をありがとうございます。

さらにコメントを見る

この学問が向いているかも 東北大学

全国農学系学部長会議
東北大学 農学部 応用生物化学科 生物化学コース
教授 阿部 敬悦 先生